LEE'S ブログ

LEE'S ブログ

根管治療に関する記事を中心に、専門的ながら大切なことを治療例をまじえて、一般の方にもわかりやすく解説しています。ありきたりな内容ではなく、欧米の論文を精読した内容をベースに信頼性のある有用な情報を発信するよう努めています。(*記事の元になっている引用文献を記載しています)疑問に思ったことは徹底的にリサーチします。学会参加報告記や、お知らせ、プライベートのくだらないお話もごくたまに、綴っております。

歯の神経の生死、健康度合いを確かめるには?

皆様こんにちは。

生活歯髄療法の話をしばらく続けていきたいと思います。

神経に近い深い虫歯の治療、成功するか否かは神経の健康度合いと治療でぴっちり封鎖ができるかどうかがキモです。

歯の神経が健康かどうか、また歯の神経が死んでるかどうか、などを実際どのように診断するのか?

ということについて今日は書いていきたいと思います。

まず結論から申しますと、

歯の神経の生死を確実に知ることは実際に神経を見ないと不可能です。

神経が生きている、ということは神経に血のめぐりがあるかどうかです。

出血があると生きいるとわかるし、完全に死にきっていると出血しません。

実際に歯の神経を見るとは、歯を削って神経を露出させることになります。

歯の神経 生死 健康度

生活歯髄療法で、神経から出血しているところ

歯の神経 健康 生死

神経が死んでいる歯髄壊死の状態、血は出ません

 

*死んだ神経(壊死歯髄)に細菌感染があると腐ります。

死んだ神経は細菌の栄養源となり細菌が増える温床となるのです。

よく神経を取りたくないあまり、痛みもずっと我慢した結果、神経が死んで腐り根の中で細菌が繁殖、増え続けて

結果、根の病気(根尖性歯周炎)が発症してしまうケースが少なくありません。

弱り切った神経は待っていても自然治癒しません

このことに関しては前回のブログを読んでいただければと思います)

健康度合いを厳密に判断するには組織切片で細胞を見る必要があります。

 

このためには歯を抜いて神経の組織切片を作らないといけません。

 

これらの確かめかたは、組織を直接見る方法で体の検査でいうところの生検のようなイメージです。

もちろん、そんなことしたら本末転倒です、残したいはずの歯の神経や歯も失ってしまうかもしれません。

歯を傷つけずに、歯の神経の生死、健康度を知るにはどうするのか?

痛みなどの症状や歯を傷つけない複数の検査を行いその結果から推測をします。

神経が炎症を起こしていると痛みなどの症状が出ることが多く、神経が死んでいると検査に反応しません。

細胞は見れないけれど検査の反応から、きっと健康だろうとか、死んでいるかも?とか、炎症が起きている疑いが高いな、、などと推測するのです。

これは歯科に限らず医科でも同じですね。

体の病気の検査でも生検は侵襲度の高い診査方法なので、まずいきなり生検をする、なんてことはありませんよね。

まずは検査結果や症状から、病気の状態を推測する。

でもあくまで推測なので外れることももちろんありますし、矛盾する検査結果が出るためわからないこともあります。

けれど現在では、歯を傷つけずに神経の状態を知る方法はこういった間接的に推測する方法しかありません。

次回は具体的な検査法について記事を書いていきます

 

**補足:歯を傷つけずに神経の血流を検査する機械として以下二つのものがあります。

実験などで使われているようですが、機械が大きすぎる、操作が複雑すぎる、等多くの課題があり、臨床で使用するまでには現在至っておりません。

Laser Doppler flowmetry

Pulse oximeter

この機械の改良が進み、日常的に使えるようになるとより正確に神経の生死が診断できるようになるかもしれません。

 

参考文献:

Hargreaves, Kenneth M.; Berman, Louis H.. Cohen’s Pathways of the Pulp Expert Consult. Elsevier Health Sciences. Kindle 版.

 

生活歯髄療法とドックベストセメント、3-Mixを使用した治療法

今日は生活歯髄療法についてもう少し書いていきたいと思います。

巷で有名なドックベストセメントや3-Mixを使った深い虫歯の治療も生活歯髄療法といえます。

神経を助けたくてドックベストセメントの治療を受けたのだけれども治療が失敗し、結局神経は助からなかった、ということで神経を取る処置のためにリーズデンタルクリニックに来院される患者様がいらっしゃいます。

お話を聞くとドックベストセメントや3-Mixはそれ自体を使うことで、深い虫歯に侵された神経が助かると勘違いされていることがほとんどです。

けれどもそうではありません。薬剤だけで効果があるならドックベストセメントの治療は失敗しないはずです。

確かにドックベストセメントも3-Mixも虫歯菌を殺菌する効果はあります。

けれども、

深い虫歯で神経を残すために行う生活歯髄療法の成功の鍵は神経の健康度と封鎖(虫歯治療後の削った穴をいかに隙間なく密封できるか、にかかっています。

多くの歯内療法学の教科書や、生活歯髄療法に関する数々の論文でもそのように書かれており、ドックベストセメントや3-Mixを使うことで治療が成功するなどと書いているものはありません。(メーカーが商品の効果を宣伝するために出しているケースリポートとは違います)

神経を保護する間接覆髄法では古くから水酸化カルシウム製剤(ダイカル等)が使用されており、代表的です。水酸化カルシウム製剤も細菌に対して殺菌効果があります(根管治療の貼薬でも使用します)。

けれども近年、歯の神経(歯髄)の細胞についての研究が進み、特に神経の虫歯菌に対する防衛能力について、多くのことがわかってきています。

最近では深い虫歯でも神経が健康な状態または、炎症が軽い場合は水酸化カルシウム製剤を置くメリットはないかもしれない、という報告も出てきています。

神経が元気だと、多少虫歯が残っていても、外からの刺激をブロックするように密封することで神経は自己治癒することがわかってきているのです

なぜなら封鎖がしっかりしていると、虫歯菌への栄養供給が途絶えて虫歯菌が活動停止すると報告されており、そして神経や象牙質の細胞は内側から新たな歯(第3象牙質)を作ることができるのです。

このためにはわざわざドックベストセメントや3-Mixを使わなくても神経が健康で、封鎖がしっかりしていればOKです。

心配だからよりしっかりと虫歯菌を殺菌したい!という方は使ってもいいかもしれません。

***神経が弱っている場合は自己治癒出来ませんのでここの見極めが重要です。

***深い虫歯での密封する治療は難しいことが多いです、場合によっては隔壁も必要ですし、ラバーダム装着も必須です。

 

まとめますと

神経が弱っている場合

虫歯をとって密封しても、殺菌のために3-Mix,ドックベストセメントなど使っても神経は自己治癒力を失っていて健康に戻れませんので、治療は失敗します。

神経が健康または炎症が軽い場合

虫歯をとって密封すれば、3-Mix,ドックベストセメントなどは使っても使わなくても神経の自己治癒力で治療は成功します。

繰り返しになりますが

***治療の成功には神経の健康度の見極めが大きく関わります。

大きい虫歯の治療の前には神経の健康度合いの検査を歯内療法専門医のもとで行うことをお勧めします。

参考文献

  1. Cooper PR, Smith AJ. Inflammatory Processes in the Dental Pulp.In: Goldberg M, ed. The Dental Pulp Biology, Pathology, and Regenerative Therapies. Berlin, Germany: Springer; 2014;97-112.
  2. Ricketts D. Management of the deep carious lesion and the vital pulp dentine complex. Br Dent J. 2001; 8;191(11):606-10.
  3. MA Pereira et al. No additional benefit of using a calcium hydroxide liner during stepwise caries removal. J Am Dent Assoc. 2017;148(6):369–376.
  4. Fouad A, Levin LG.  Pulpal Reactions to Caries and Dental Procedures. In: Cohen’s pathways of the pulp 11th edtion. St. Louis, Mo, Mosby Elsevier Health Sciences.
  5. Bjørndal L. The caries process and its effect on the pulp: the science is changing and so is our understanding. Pediatr Dent. 2008;30(3):192-6.
  6. Weiner R. Linersbases, and cements in clinical dentistry. A review and update. Dent Today. 2003 Aug;22(8):88-93.

歯内療法と根管治療、何が違うの?〜言葉の定義について〜

こんにちは、李です。

忙しさのあまりブログがなかなか更新できず気づいたら8月になってしまいました

激しい猛暑ですが皆様夏バテは大丈夫でしょうか?

さて、最近患者様から『先生、根管治療と歯内療法は何が違うのですか?』と聞かれました。

言葉の定義が違います。

歯内療法という言葉は広義の意味で歯の内部(根管や神経)にまつわる問題、病気に取り組む治療全体のことを差します、そして学問の名前でもあります。

『歯内療法学』が学問の名前です。英語では『Endodontics』です。

一方、

『根管治療』は歯内療法の中の一つで、具体的な治療の名前す。英語では『Root canal treatment』です。

英語でも日本語でも歯内療法、Endodonticsは歯科医療業界内で多く使われ、一般の方にはわかりやすい根管治療、root canal treatment が多く使われているように思います。

専門医の呼び方は

歯内療法専門医、Endodontistが歯科医療業界向け、

根管治療専門医、Root canal specialistが一般向け、といった感じかもしれません。

言葉のもつ意味合いは時代によって変わってきますので、また変わってくるかもしれませんね。

 

歯根端切除術、意図的再植術もそれぞれ具体的な治療の名前で歯内療法のくくりになります。(外科的歯内療法とも言われます)

生活歯髄療法も歯内療法のくくりに入ります。生活歯髄療法の中には間接覆髄や直接覆髄、断髄などの具体的な治療があります。

巷で有名なドックベストセメントを使った治療法、3-Mixを使った治療法も生活歯髄療法です。

次回は生活歯髄療法について、もう少し書いて行きます。

5年ぶりのLEE’S手抜きクッキング〜包まないワンタンスープ〜

皆様こんにちは、今日は5年ぶりにLEE’S手抜きクッキングを更新します

LEE’S手抜きクッキングは今まで1トピックしか書いてませんが結構コメントいただきます、

『恥ずかしいから載せないほうがいい』

『あれはなんなんですか?』

『はんぺんがお好きなんですね

『面白い』などなど、、、、

こういう記事を恥ずかしい、と思う人もいるんですね、自分はそういう感覚全くなかったです

今回またまた恥を晒すことになるのかもしれませんが、5年ぶりに記事を書こうという気になっほど最近どハマりしている超簡単、ヘルシー、そして美味しいワンタンスープをぜひここでご紹介したいです

私はワンタンが大好きです。

大好きなワンタンを手軽に自宅で食べれないかと思いクックパッドでワンタンスープの作り方を調べたところ、とても簡単そうなレシピを見つけました。

作ってみたら本当に簡単で美味しく、はまってしまっています。

何度か作ってみて、さらに簡単、ヘルシーになるよう自己流にアレンジしました。

手抜きクッキングと言っても、今回は野菜を切る手間があります。

超手抜きとは言えないですね

それでも本当に美味しいので、是非是非作ってみてください。おすすめです。

ヘルシー、美味しい包まないワンタンスープの作り方(所要時間10分程度)

①材料の用意

ネギ、生姜、ワンタンの皮、ひき肉(オリジナルレシピは豚肉ですが、私はヘルシーに鶏胸肉のひき肉で作ります)、中華スープの元(創味上湯スープがイチオシです)

ワンタンの皮、ひき肉を買うお肉屋さんで一緒に買ってます。

②野菜を切る

ネギはみじん切りでも輪切りでもなんでもいいので、とにかく細かく切ります、生姜も適当に投入します。小さいと食べてしまうのでわざと大きいままにしてます。

簡単ポイント 切ったネギ、ひき肉、生姜は炒めずそのまま水を入れた鍋に投入します。

分量は適当ですがお肉は300gくらい、ネギが2、3本で具沢山にした方が美味しいと思います。お水の量も適当に具材が浸るくらいです。この量でどんぶり3杯くらいになります。

③煮る

ひき肉はくっつかないようにかき混ぜながら潰します。沸騰して火が通ってきたら創味上湯スープを入れてかき混ぜます。これも味見しながら適当な量です。

*好みにより、お酒、塩、醤油などで味を整えます。私は醤油を風味付け程度に入れています。

④ワンタン投入(簡単ポイント包まず皮ごと!!)

沸騰したスープに1枚ずつくっつかないようにワンタンを投入します。

(ワンタンは入れすぎるとスープがどろっとしてきますので様子を見ながら10~15枚くらい入れています。)

ワンタンが透明になってとろっとしてきたら出来上がりです。

仕上げはたっぷりの胡椒と好みにより、ラー油やごま油なども合います。

上湯スープのだしと、鶏肉のだしが絶妙です。

ワンタンがツルツルで本当に美味しいです

 

クックパッドのオリジナルレシピはこちらです

https://cookpad.com/recipe/1267633

 

 

AAE 2018 デンバー食レポ

皆様こんにちは!

前回に続き4月末から参加した米国歯内療法学会、アメリカデンバーでの滞在について書いていきます。

今回は食レポというほどでもありませんが、滞在中の食事について書いていきます。

年々アメリカの食事が苦手になっていく中、今回一番楽しみにしていたのはUnion Stationです。

ホームページを見て素敵な場所だと思いデンバーに着いたら是非行ってみようと思っていました。

ユニオンステーション外観、

ホームページはこちら、私のとったセンスのない写真よりも断然素敵です。

Union Station Denver

中にはホテルとレストランがあり、The Crawford Hotel は 世界のトップ11ビジネスホテルだそうです

http://www.thecrawfordhotel.com/

One of the Top 11 Business Hotels in the World   (CNN)

 

三日目の朝、早起きしてジムで一走りした後に朝食を食べようと思い行ってみました。

ホテルから徒歩20分くらいで到着しました。晴れた日の散歩は気持ち良いです。

 

中に入ると吹き抜けの作りで、テーブルと椅子がありコーヒーを飲みながら新聞を読んでる人、PCを広げて仕事をしている人、

おしゃべりしている人たちなど自由にくつろげるスペースになっています。

 

一番賑わっていたコーヒー屋さんでベーグルとクリームチーズ、ヨーグルト、カプチーノの朝食をゲットしました

本場のベーグルは美味しかったです

アメリカ滞在中はザ・アメリカ!なステーキが食べたくてステーキハウスに二回いきました。

今回はペンエンドの日本の先生方の食事会で行った

『ELWAYS』というステーキハウスがとても美味しかったです

http://www.elways.com/downtown

前菜のシュリンプカクテル、ステーキ、付け合わせのポテトなど、全てが美味しかったです

美味しすぎて興奮し、写真を撮り忘れました

お値段が高めの高級店でしたが、デンバーに行かれる方にはぜひおすすめです!!

 

123...102030...

ご予約

診療時間: 10:00~13:00 / 14:30~18:00
9:00~15:00(水曜日)

※時間外診療ご希望の場合料金別途にて承っております。
※休診日はカレンダーをご確認ください。

根管治療、自由診療専門歯科医院
リーズデンタルクリニック

東京都中央区日本橋3-8-10 島崎ビル2階
03-6262-1045
info@leesdentalclinic.com

トップ