根管治療に関する記事を中心に、専門的ながら大切なことを治療例をまじえて、一般の方にもわかりやすく解説しています。ありきたりな内容ではなく、欧米の論文を精読した内容をベースに信頼性のある有用な情報を発信するよう努めています。(*記事の元になっている引用文献を記載しています)疑問に思ったことは徹底的にリサーチします。学会参加報告記や、お知らせ、プライベートのくだらないお話もごくたまに、綴っております。

お知らせ LEE’S ブログ の進化型『LEE’S ACDEMY』4/3開講!!:新しい記事、これまでの記事の内容のアップデートバージョンはもちろんのこと、新しく楽しい試みをたくさん行う予定です。

根管治療と歯のひび 〜まとめ〜

こんにちは。李です。
梅雨の時期は毎日憂鬱ですが、その中で、たまに快晴の日があると、とても嬉しいです。
何がうれしいかって洗濯物が良く乾く事、そして晴れのありがたみがいつもより倍増です。

さて、前回、前々回と『歯のひび』について長々とお話ししてきました。
わかりにくい部分も多かったと思いますので、今日は前回、前々回の内容を簡単にまとめておさらいしたいと思います

まず、
『歯のひび』にはいろんなタイプがあるということ

①歯の表面のひび→ほとんど全てのひとにあります。エナメル質内の浅いひびで放置していても何も問題ありません。
②歯の表面のひび(象牙質まで達した深いもの)→咬んだときの痛み等、症状があります。放置すると細菌の侵入経路になって、神経に炎症をおこしたりします。歯が割れる場合もあります。見つかった場合は早めにクラウン治療をおこない歯を保護した方が良いです。… 続きを読む

歯のひびとCTの検査 〜CTで100%歯のひびを検出できるか?〜

こんにちは。
梅雨に入り、毎日ジメジメが続いております
とくに今日のジメジメはひどいですね
不快度Maxで、朝起きるときも体が重かったです
でも、不調を気候のせいにしてはいけません
ということで、今日も元気に前回に引き続き『歯のひび』について書いて行きます

歯のひびといっても、ひびの位置や深さによってさまざまであること、そして歯を残せることができる場合もあること、等を前回のブログでお話していきました。

歯のひびの診査でCTを撮りました、という風に言われる患者様がとても多いです。
たしかに、CTを撮影するといろんな角度から歯の断面を見る事が可能です。
これは通常のレントゲンでは不可能です。レントゲンでみえないものも、見えるようになります。… 続きを読む

歯のひび①〜ひびが入っていたら歯は残せない?抜歯するしかない?〜

みなさまこんにちは。
6月になりましたね。前回のBBQブログは、いろんな方々から本当に楽しそうだね、と感想をいただきました。
楽しくてキラキラした感じが、うまく伝わったようで嬉しいです

最近のブログのテーマでレントゲン写真の診査で、何を見ているかということをお話してきました。
歯のひびや穴については、よほど明らかでないかぎりはレントゲン写真でわかることはまれであること、クラウンやコアをはずして実際にマイクロスコープで根の中を確認し、ひびを染めてみないとわからないこと、をわかっていただけたかと思います。
では、これらのひびの発見、CTをとれば必ずわかるものなのでしょうか?続きを読む

初診予約

診療時間: 平日10:00~13:00 / 14:00~18:00
(水曜は17:00まで)

土曜9:00~13:30 / 14:30~17:00

※休診日はカレンダーをご確認ください。

歯内療法専門歯科医院
リーズデンタルクリニック

東京都中央区日本橋3-8-10 島崎ビル2階
03-6262-1045

トップ