LEE'S ブログ

LEE'S ブログ

根管治療に関する記事を中心に、専門的ながら大切なことを治療例をまじえて、一般の方にもわかりやすく解説しています。ありきたりな内容ではなく、欧米の論文を精読した内容をベースに信頼性のある有用な情報を発信するよう努めています。(*記事の元になっている引用文献を記載しています)疑問に思ったことは徹底的にリサーチします。学会参加報告記や、お知らせ、プライベートのくだらないお話もごくたまに、綴っております。

根管治療しても長持ちしない歯の見分け方①〜複雑な要因〜

こんにちは、李です。

今日は久しぶりに歯のお話になります。

初診でいらっしゃる患者様から『歯を残せないと言われた』『治療しても歯が長持ちしないと言われた』というお話をよくお聞きします。

そういったケースでは歯にヒビが入っていたり、その疑いがある場合が多いのですが、それ以外でも治療をしても後にひび割れが起こりやすそう、被せ物が外れやすそう、という歯はあります。

治療した歯がどれくらい長持ちするか、は全体的な歯の総量、厚み、丈、などが大きく関わると報告されています。

ヒビはないけれど、歯が薄く、丈もなくほぼ歯肉に埋もれている状態

根管治療した歯の病気(根尖性歯周炎:腫れや痛みなど根の周りの炎症の症状)が治ることと、その歯がどれだけ長持ちするかは全く別の問題なので切り離して考えなくてはいけません。

根の病気の治癒(病気が治るかどうか)はサクセスレート

歯の長もち、長生きは(抜歯になるかならないか)サバイバルレート

と文献では表現されます。

例えば、右上の小臼歯の歯肉の腫れがあり、診査結果から根尖性歯周炎と診断しました。それ以外に歯が非常に薄いことがわかりました。根尖性歯周炎の再治療の成功率は約70~80%なので、その確率で病気は治ります(サクセス)。腫れが引き、快適に噛めるようになります。けれども、その歯が薄いため、3年以内に破折してしまい抜歯となる、それはサバイブしなかったとなります。

例えば100本の根尖性歯周炎のある小臼歯の治療で 根尖性歯周炎の治癒のトータルの成功率は80%だったとしても、5年後のサバイバルレートは歯が多いグループと少ないグループでは変わってくる可能性があるということです。

歯が薄いけれども、病気も治り(サクセス)今のところサバイブしている左上1

こちらでは長いポストも外せることが多いですが、ここまで長い場合は、削る器具の長さの限界を超えているため難しいです。 歯も薄いことから、長持ちは難しいけれども、なんとかしばらく歯を使いたい、まだ抜歯はしたくない、ということで、歯根端切除術のみを行っています。 手術後1年、腫れなど不快症状もなく快適にお過ごしいただいています。

 

歯が薄いけれども、病気も治り(サクセス)今のところサバイブしている左上6

歯根端切除術後。根先端は砕けていて、折れた破片を取り除きました。 切断した断面を観察すると、やはりヒビがあります。取れる範囲で取り除きMTAセメントで修復。 歯根端切除後6ヶ月経過。 黒い影はなくなり、症状も改善。快適に使えているそうです。ヒビは残っているため長持ちできないことからクラウン治療は保険のものをお勧めしました。


歯がどれくらい薄いと、どれくらいのサバイバルレートか?を事前に予測できると、とても参考になると思います。

けれども、その検証はとても難しく、ほぼ不可能と言えます。

なぜなら、お口の環境による個人差も歯のサバイバルに関わります。

歯の厚みや量以外でサバイバルに関わる様々な要因

一番大きな要因は歯の量と言われていますが、その他の要因としては、かみ合わせた時に噛む力がどれくらいかかっているか、歯ぎしり食いしばりの習癖があるか、その歯がブリッジや入れ歯の支えの歯になっているかどうか、または歯周病で骨の支えが少ない、などが複雑に関係します。また、歯の位置も大きなポイントです。前歯なのか、小臼歯なのか、奥歯なのか、それぞれによって根の形(副根か単根か)も違いますし、噛む力のかかる方向が違います。ポストの種類、接着剤、被せ物(クラウンなのか、インレーなのか、重点なのか)なども影響があるという報告も多くあります。

このように色々な要因が影響しあって、実際にその歯が何年もつかなどは誰にもわからないのです。

ただ、ある程度の傾向がわかるだけでも、治療して保存するという選択をするのか、または抜歯を選択するのかを決める際の助けになると思います。

次回のブログ記事では、この目安についてもう少し掘り下げてお話をしていきます。

 

参考文献

Robbins JW. Restoration of the endodontically treated tooth.Dent Clin North Am. 2002 Apr;46(2):367-84.

Naumann M et al.“Ferrule Comes First. Post Is Second!” Fake News and Alternative Facts? A Systematic Review. 2018 Feb;44(2):212-219

 

コアの治療とは?〜歯の余命にもかかわる重要な治療〜

こんにちは、李です。

前回に続き、根管治療と密接に関係しているコアの治療についてのお話しをしていきます。

前回もお話しましたが、コアの治療は慎重におこなわないと歯の余命にもかかわる非常に重要な治療なのです

なぜ、歯の余命にかかわるのか?

今日はそのことに焦点を当ててお話していきます。

 

コアの治療では、ポストを併用する場合もありますし、コアとポストが一体型になったものもあります。

ポストとは、コアが外れにくいように、根管の中に差し込む形で維持をもとめる部分です。

 

下の写真左はコアだけが入っている根管治療歯です。写真右はコアとポストのタイプです。

coreb6coreb7

 

 

下の写真では、根管治療を行った場合にコアに置き換わる部分が青い点線部で、点線部はすでにコア&ポストが入っている状態です。

どちらが歯がたくさん削られて、少なくなっているか一目瞭然だと思います。

coreb8

 

下の写真は前歯用のメタルコア&ポストです、だいぶ太い部類のものです。青い矢印の部分がポストで根管に差し込みます。

**リーズデンタルクリニックではメタルコア&ポストの治療はおこないません。その理由は前回のブログをお読みください。

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

ポストは、太すぎる場合、多くの歯で歯根破折(根のひび割れの大きな原因になることが多いです)のリスクを高めます。

なぜなら、太いポストを根管に差し込むためには、根管の歯の部分を削る必要があるからです。

必要最小限であれば良いのですが、不必要に太く長いポストも多くみかけます。当然その分歯が削られ薄くなります。

 

太いポストの例

下の写真は右側は太いポストが入っているため、左側の歯に比べて、歯が薄くなってしまっています(→部分で比較すると半分以下の薄さです)

coreb5

ものすごく長く太いメタルポストが入ってしまっている歯。

tp1

 

ポストはなんのためにいれるのでしょうか?

歯の上部がない場合、ポスト(下の写真の青→部)を根管に差し込まないとコアの部分(下の写真の赤→部)を維持できません。

コアの上からクラウンを被せるのですが、ポストで歯の内部に支えがないとクラウンもコアもすぐ外れてしまいます。

 

SHOFU DENTAL DIGITAL CAMERA

 

なので、ポストが確実に必要な症例とは歯の上部がない歯です。

たとえば、こういう状態の歯です

DSC00583

 

では、下の二本の前歯はどうでしょう。両方ともこれから根管治療をおこなう歯です。

DSC06920

は歯の上部がなく、支えが必要なためにポストが必要です。

は歯の上部がたっぷりありますのでポストの支えは必要ありません。

もしもの歯にポストを入れようとしたら、無意味に余分に歯を削り、歯の強度弱めることになるのです。

 

患者様の中にはファイバーポストを入れたほうが歯が強くなると思っている方がたまにいらっしゃいます。

もちろん、の歯のように必要な歯にはファイバーポストをいれたほうが良いです。

けれどものようにそもそもポスト自体が必要ないような歯に、歯を削ってまでファイバーポストを入れるメリットはありません

必要以上に歯を削るというデメリットがあるだけです

 

同じ前歯の根管治療歯でも歯の状況によってこれほどの違いがあります。

日々治療を行う中で、歯が薄すぎるためにひび割れになり助けることができない歯に多く遭遇します。

健康な歯の質の部分をいかに失わないようにするかは、歯の余命にとってとても大切なことです。

コアの治療をおこなう歯科医はこういったことを考えながら治療をしないといけないと思います。

根管治療の専門医は歯の保存という観点から、歯を削り過ぎないようにとても配慮をした治療をおこないます。

それはコアの治療だけでなく、最初の根管治療の時にもいかに歯を余分に削らずにおこなうか、コアを外す際にも、ちょっとでも健康な歯を削らないように細心の注意を払って治療をしているのです。

 

繰り返しますが、コアの治療は歯の余命にかかわる本当に重要な治療なのです

 

 

根管治療で歯にひびがあり、歯を残せないケース

 こんにちは。毎日梅雨のじめじめで蒸し暑いですね

 

さて前前回のブログでは、歯にひびがあっても、歯を残せる場合のひびについてご説明しました。

おさらいになりますが、残せる場合のひびは、歯の上の部分にあるひびです。

今日は歯を残すことができないケース、つまり歯に根の部分にあるひびについて、ご説明していきます。

 

歯を残すことができない、歯の根のひび

 

下の写真のの部分を見てくだい。

この写真は過去に根管治療を行っていて歯に金属のポストが挿入されていれ、クラウンが被っていた歯です。

根管治療を行う前に、クラウン、ポストをはずすと、歯の上部の部分がほとんどなく、歯の根っこしかない状態した。

ひびの染め出しをすると、縦に青い筋が見えるでしょうか?

これが歯の根っこのひびです。

DSC04835

 

根に深くひびがある場合は根管治療をして歯を残すことができません。

抜歯をして、根っこの表面を染め出してみると

根っこを取り巻くようにひびがあります。

DSC03734

 

繰り返しになりますが、歯の構造は大きく分けて歯の頭の部分(歯冠:歯肉より上の部分、お口の中に並んでいるいわゆる歯です)と歯の根っこ(歯根:歯肉より下の部分、歯肉に埋まっているので、通常は目でみえません)から成り立っています。

 

下のレントゲン写真で、赤線部分が歯の頭(歯冠)、青線部分が歯の根っこ(歯根)です。

normal

 

上でご紹介したケースは、このレントゲン写真で歯の根っこの部分(青線部)です

 

下の写真も同じく歯の根っこのひび(緑→:進行してひび割れになり、さわると揺れるほどになっています)です。

 

DSC03036

 

最初のケースと同じように、この歯も過去に根管治療をしていて、クラウンが被っていました。歯の上の部分が全くありません。

歯の根の部分に入るひびは、根管治療をした歯で、歯の上の部分(歯冠部)が少なく、太い金属のポストが入っていることが多いです。

歯の量がとても少なくなってしまっているのです

そして噛み合わせの力が強くかかっていることも、とても多いです。

 

治療の段階ではひびがなくても、歯が少なく薄い場合は将来ひびが発生してしまうリスクが高くなります。

特に再根管治療の場合は、根管治療を行う前の処置でご自分の歯が、どういう状態か(歯がどれくらい少ないか、薄いかなど)をしっかりご説明しておりますので、

あまり薄い場合は、ひびが無くても将来的に長持ちできないという判断から抜歯をおこなうというのも一つの選択肢であると考えています。

歯の状況を把握した上で、患者様とお話をして決めていくようにしています。

 

歯の根のひびでも、浅い場合は歯を残せる場合も

歯の根のひびでも、浅い場合(歯肉より、2,3mm下くらいまでの位置)は削り取ってしまうことができるので、根管治療をおこない歯を保存することができます。

けれども、ひびが深く歯の根っこの方まで進んでいる場合は、

ひびをとると、歯の根が一部なくなりますので、歯そのものの構造が破壊されてしまいます。

ですので、歯の根の深い位置に発生しているひびは保存することができないのです。

 

歯を抜きたくないからといって、ひびを残したまま根管治療をしても病気は治りません

なぜなら、ひびが細菌の通り道になるため、根管治療で根の中を殺菌しても、ひびから常に細菌が流入してしまいます。

 

 

歯をのこせるかどうか、根管治療ができるかどうか、はひびの位置や深さによる、ということがわかっていただけたでしょうか?

レントゲン検査やCTの検査でひびの存在や位置の確認を100%正確におこなうことはできません。

多くの場合は、確認するための治療が必要となります。

根管治療で歯にひびがあっても歯を残せるケース

こんにちは。今日は歯にひびがあっても歯を残すことができるケースをご紹介します。

初診時のカウンセリングでは、必ず全員の患者様にご説明していますが、歯にひびがある場合、ひびの位置や深さによっては歯を残せないことが多いです。

歯を残せないひびと、歯を残せるひび、どう判断していくかを症例でご紹介していきます。

 

 

歯を残すことができる場合のひび

 

下の写真の赤い矢印の部分を見てくだい。

縦に青い筋が見えるでしょうか?これは歯のひびを染め出した状態です。 

DSC07834

この歯のひび、赤い矢印で囲まれた範囲内で終わっています。

この場合、ひびをすべて削って取り除いても、その下にはまだ十分に歯(歯の根の部分)が残ります。

 

ひびを削る前と削った後を、以下に比較してみます。

 

ひびを削り取る前の状態。→部分の縦の線がひびです。

DSC07841

 

ひびを削り取った後(→部分)、ひびを取り除いても歯はしっかり残っています。

 

DSC07842

 

歯の構造は大きく分けて歯の頭の部分(歯冠:歯肉より上の部分、お口の中に並んでいるいわゆる歯です)と歯の根っこ(歯根:歯肉より下の部分、歯肉に埋まっているので、通常は目でみえません)から成り立っています。

下のレントゲン写真で、赤線部分が歯の頭(歯冠)、青線部分が歯の根っこ(歯根)です。

normal

 

今回の症例でひびが入っている位置は歯冠にとどまっています。

歯の上の部分(歯肉より上または歯肉より、2,3mm下くらいまでの位置)にあるひびは、削り取ってしまうことができるので、根管治療をおこない歯を保存することができます。

けれども、ひびがもっと深く歯の根っこの方まで進んでいる場合は、ひびをとることができません。

ひびをとると、歯の根が一部なくなりますので、歯そのものの構造が破壊されてしまいます。

ですので、歯の根の深い位置に発生しているひびは保存することができないのです。

 

歯を抜きたくないからといって、ひびを残したまま根管治療をしても病気は治りません。

なぜなら、ひびが細菌の通り道になるため、根管治療で根の中を殺菌しても、ひびから常に細菌が流入してしまいます。

 

歯をのこせるかどうか、根管治療ができるかどうか、はひびの位置や深さによる、ということがわかっていただけたでしょうか?

レントゲン検査やCTの検査でひびの存在や位置の確認を100%正確におこなうことはできません。

多くの場合は、確認するための治療が必要となります。

歯のひび割れ / 根管治療前にひびが見つかる場合、治療がはじまってみつかる場合

皆様こんにちは。李です。

今日は患者様からのお問い合わせがとても多い、歯のひび割れの診査について整理してみようと思います。

 

『ひびがあるかもしれないと言われた』

『ひびがあるから歯が長持ちしないかもしれないと言われた』

『ひびがあるから抜歯しか手が無いと言われた』

 

たしかに、根に入った深いひびの根本的な治療は不可能です。

ひびが入った根っこをそのままにしておくと、悪い事ばかりおきます。

たとえば、腫れを繰り返す。嫌な匂いがする。違和感がある。痛みがある。などなど。

根のひびという感染源があるわけですから、周りの骨もとけつづけてしまいます。

歯周病も併発するという事です。

 

でも、疑いだけで歯を抜きたくはないと思います。

確実にひびがある、ということを知るにはどうしたら良いでしょうか?

CTを撮ればひびは100%検出出来るのか?このブログで何度もお話していますが

CTでひびは100%検出できません。

 

疑い、で歯を抜きたくない場合は、目でみて確認することです。

最初からひびが目で確認出来れば良いのですが、わからないことの方が多いのです。

そういった場合は、治療を進めていくしかありません。

治療の途中でひびの検出をおこなっていくのです。

治療費用が発生しますし、途中でひびが見つかった場合には治療費用が無駄になってしまいます。

それが嫌だなと思われる場合は、ひびの疑いの段階で抜歯をするのが良いでしょう。

難しい判断です。

 

今日は①治療前(根管治療初診時)にひびが見つかったケース、②前処置の段階でひびが見つかったケース、③根管治療の1回目でひびがみつかったケースをご紹介していきます。

 

①根管治療初診時にひびが見つかったケース

 

このケースは歯肉が退縮して、クラウン下の歯の部分が見えています。

  DSC03817

 

 

通常の初診でおこなう歯周ポケット検査で部分的に深いところがありました。

DSC03818

 

 

ひびの染め出しをおこない、ひびが目で確認出来ました。

DSC03819

 

 

②前処置の段階でひびが見つかったケース

症状はありませんでしたが、銀のクラウンのすきまから虫歯になっていたため、治療着手となりました。レントゲンでもひびをうたがう陰はありませんでしたが、歯周ポケットはやや深い状態でした。クラウンで歯がおおわれているため、見た目で異常は検出できませんでした。

 

術前の状態

DSC01110

 

土台まではずし、虫歯を取り除きます。歯に薄い部分があることがわかります。

 

DSC01115

 

 

ひびの染め出しをすると、ひびが検出されました。浅いひびでしたら、削ればなくなるため少し削ってみましたが、ひびはなくなりませんでした。このケースは根管治療には入らず、前処置で治療終了、抜歯となっています。

 

DSC01283

 

 

③根管治療の1回目でひびがみつかったケース

このケースは術前検査で深い歯周ポケットがあり、レントゲン検査でもひびの疑いが高かった症例です。費用がむだになるかもしれませんが、可能性が0パーセントでないのならと、治療をご希望されたため、着手いたしました。

 

通常通り前処置で土台まではずして行き、虫歯の除去をおこないひびの染め出しをおこないます

DSC03115DSC03116

前処置では根管の入り口までの染め出しとなり、この時点ではひびは検出されませんでした。

DSC03132

 

根管治療にはいり、根管の古い充填材をはずした状態で染め出しをおこなうと、ひびが検出されました。この時点で残念ながら抜歯となりました。抜歯した歯の根にはひびが根の先端まで広がっていました。

DSC03142DSC03483

 

このようにひびの検出はどの段階で検出されるかどうかは治療しないとわからないことが多いのです。

また、根管治療ではひびが最後まで検出されず、外科処置の時に検出される場合もあります。

また、目で確認出来ない場所にあるひびは最後までわからず、抜いてはじめてひびが目で確認出来たということもあるようです。

 

このようにひびの状態は歯によってそれぞれです。

ですから、お電話で、『ひびがあると言われたけど残せますか?』というようなお問い合わせに、正確な事をお答えする事はできないのです。

 

疑いの段階で抜歯をすることもひとつの妥当な選択肢であります。

一方、大切な歯のことだから、可能性がゼロでない限り治療をおこないたい場合、または残せないという決定的な証拠をみないと抜歯のふんぎりがつかない場合には治療をお勧めいたします。

 

12

ご予約

診療時間: 10:00~13:00 / 14:30~18:00
9:00~15:00(水曜日)

※時間外診療ご希望の場合料金別途にて承っております。
※休診日はカレンダーをご確認ください。

根管治療、自由診療専門歯科医院
リーズデンタルクリニック

東京都中央区日本橋3-8-10 島崎ビル2階
03-6262-1045
info@leesdentalclinic.com

トップ