LEE'S ブログ

LEE'S ブログ

根管治療に関する記事を中心に、専門的ながら大切なことを治療例をまじえて、一般の方にもわかりやすく解説しています。ありきたりな内容ではなく、欧米の論文を精読した内容をベースに信頼性のある有用な情報を発信するよう努めています。(*記事の元になっている引用文献を記載しています)疑問に思ったことは徹底的にリサーチします。学会参加報告記や、お知らせ、プライベートのくだらないお話もごくたまに、綴っております。

根管治療をしないで歯根端切除術のみ行うケース〜長いポストで除去が難しい場合に〜

 

皆様こんにちは。すっかり寒くなりましたね。

今日は生活歯髄療法のお話に入る前に、歯根端切除術についてもう少し書きたいと思います。

 

根管治療を行わずに歯根端切除術だけを行う場合

 

歯根端切除術は、通常の根管治療で病気が治らなかった場合に行う手術法です。

あくまで病気の原因は根管の内部の細菌感染ですから、根管治療を行わずに手術のみ行うことは病気の原因の感染源を残すことになりますし、ひび割れの見落としなどもありえます。

 

ですので、通常は行いません。

 

では、どういう時に行うのか?当院では二つのパターンがあります。

 … 続きを読む

歯根端切除術〜手術で根にひびが見つったらどうするか?〜

こんにちは。李です。今日は歯根端切除術について、手術で根にひびが見つかるケースについてお話していきます。

 

根管治療を行っても治らない場合の原因の一つとして、根の表面に入ったひびがあります

 

根の内部にまでひびが達していれば、顕微鏡を見ながらの根管治療中にヒビを発見できる事もありますが、

まだ内部に到達してないようなひびは歯根端切除手術をして初めて発見される事も多いです。

根管治療をして、歯根端切除術まで行って、その時にひびがあった、となるととても残念な結果です。

根にひびがある限りその歯は予後不良なので、抜歯が第一の選択肢に上がってきます。

色々と手を尽くしたのに結… 続きを読む

歯根端切除術〜顕微鏡を使ったモダンテクニック〜

 

こんにちは、李です。

しばらく根管治療系の記事を書いていなかったので、今回から数回に分けて顕微鏡を使った歯根端切除術についてお話ししていきます。

歯根端切除術は、通常の根管治療で根の中のお掃除をしても治らなかった場合に、次の一手として行う治療です。

残念ながら、一度細菌が住み着いてしまった根の中から完全に細菌をなくすことはできません。

殺菌が届かないところもありますし、殺菌が効きにくい細菌もいます。

そういった部分は主に根の先端3mmに多いと言われています。

 

顕微鏡を使った歯根端切除術は(モダンテクニックとも言われます)

根の先端をカットし、… 続きを読む

マイクロスコープを使用する歯根端切除術と肉眼での歯根端切除術の違い〜その2〜

こんにちは、李です。

前回に続き、マイクロスコープを使用しておこなう歯根端切除術について解説をしていきます。

マイクロスコープを使用した歯根端切除術では、病気の原因である感染源のチェックを必ず行うこと、

そして、そのことが肉眼でおこなう歯根端切除術との大きな違いであり、成功率の差につながっていることを前回の記事でお話しさせていただきました。

 

マイクロスコープを使用した歯根端切除術は、マイクロスコープや専用の特殊な器具を使います。また手術のためのトレーニングをある程度積まないと行うことができません。

また、アシスタントの動きも非常に重要です。歯… 続きを読む

マイクロスコープを使用する歯根端切除術と肉眼での歯根端切除術の違いは?

こんにちは。李です。

今年に入り、マイクロスコープを使った歯根端切除術をおこなう頻度が多くなっています。

4月におこなった3名の患者様の手術のうち2名の患者様は以前に他の歯科医院でも手術をおこなっていらっしゃいました。

そして1名の方は今年の1月に手術をおこなったにもかかわらず、一ヶ月後に症状が再発しています。

当院で手術をおこなう患者様の中には、以前に一度、歯根端切除術(Micro Apical Surgery)を受けている方が多いのです。

ただし、それはマイクロスコープを使った歯根端切除術ではありません。

 

当院のHPの歯根端切除術のページでご説明… 続きを読む

初診予約

診療時間: 平日10:00~13:00 / 14:00~18:00
土曜9:00~13:30 / 14:30~17:00

※休診日はカレンダーをご確認ください。

歯内療法専門歯科医院
リーズデンタルクリニック

東京都中央区日本橋3-8-10 島崎ビル2階
03-6262-1045

トップ