LEE'S ブログ

LEE'S ブログ

根管治療に関する記事を中心に、専門的ながら大切なことを治療例をまじえて、一般の方にもわかりやすく解説しています。ありきたりな内容ではなく、欧米の論文を精読した内容をベースに信頼性のある有用な情報を発信するよう努めています。(*記事の元になっている引用文献を記載しています)疑問に思ったことは徹底的にリサーチします。学会参加報告記や、お知らせ、プライベートのくだらないお話もごくたまに、綴っております。

PESCJ同期との再会と米国歯内療法学会(AAE2016)参加報告

こんにちは、李です。

4月6日〜4月9日にサンフランシスコで開催された米国歯内療法学会(AAE)2016に参加してきました。

 

サンフランシスコといえばアルカトラズ? 記念撮影用と思われますが、会場内のこの場所で写真を撮ってる人はいませんでした

IMG_2394

 

今回で5回目の参加となり、時の流れを感じます

レジストレーションのブース

IMG_2395

 

プログラムはAppになっているものをiphoneで見ていました、会場でくばられる小さな冊子は今回ほとんど使用しませんでした。

 

IMG_2408

 

さて、今回の学会で一番良かったこと、それは根管治療、歯内療法の専門医グループ(PESCJ同期で現在留学中の松浦先生に現地で再会し、同じく同期の山本先生、神戸先生と集まり、久しぶりにゆっくりと食事をしながらいろいろ語り合うことができたことです。普段はお会いしてもなかなかゆっくり話す時間がないので、久しぶりに、とても有意義かつ楽しい時間を過ごしました。

 

記念写真、私を除いて3名の同期の先生を以下にご紹介します

12986418_1040073846070822_2079032623_o

左手前:神戸良先生:PESCJ認定医&インストラクター 京都市 RYO DENTAL CLINIC 院長

左奥:山本信一先生:PESCJ認定医 宝塚市 山本歯科クリニック 院長

右手前:松浦顯先生:PESCJ認定医、福岡市 まつうら精密歯科医院 旧院長、現在南カリフォルニア大学歯学部歯内療法科大学院留学中ですがもうすぐ帰国されて福岡で根管治療専門クリニックを開院予定です

 

5年前に一緒にPESCJで根管治療について学んで以来、各先生方はそれぞれに研鑽をつまれ、違う環境で活躍されています。いろいろ情報交換をしたり今後についてのお話をしたり、とても楽しかったです。5年前、はじめてAAEに参加した時の思い出話から、5年経過した現在の状況、そしてこれからを振り返る大切な時間となりました。皆さん、根管治療に対する情熱は変わらずですが、年をとったせいか健康管理についての話題も多かったです。

同期はいいものだな〜と改めて感じました

松浦先生が帰国したら、今回学会に参加されていない同期の全員でお帰りなさい会をやりましょう、ということで、私が幹事をかってでました

 

さて、肝心の学会についてですが、今回は事前に申し込んでいた有料の講義とワークショップが目玉でした。

治療に関しての講義も例年通りたくさんありますが、

とくに目新しいものはなかったです。

 

申し込んだ有料の講義は論文の読み方についてのワークショップでした。

IMG_2393

 

 

毎年多くの論文が出る中で、信頼性の高いものの見分け方、自分が治療をしていて疑問に思ったことを調べる時に、どういうキーワードで調べるのが効果的か、など、なかなかきちんとした形で教わることができないようなことを、基本的なことからわかりやすく教えてくれる内容でした。

 

IMG_2409

論文に書いてある、などと言われると、なんでも信じてしまいそうですが、その論文の信頼性は研究デザインによるところが大きいのです。ですので、何かを調べたくて論文を検索し、情報を得ようとする時、その論文の研究デザインに注意を払うことが大切で、読むに価する論文を選別しないといけないということを強調していました。3時間半のワークショップでしたので、その他にもいろいろなことを教わりながら、隣の先生とペアになり問題を解くような実習タイプのものでした。

参加していたのは6名程度と少人数で、自己紹介をさせられ、緊張する場面もありました

年配の先生が多かったのが意外でしたが、年齢があがっても積極的に学ぼうという姿勢に敬服しました

今後論文を読む時や、何かを調べる時にはここで教わったことを頭に入れておこなうと、効率的に調べることができそうです

 

 

LEE’S DENTAL CLINIC 6周年を迎えました!

本日2016年4月2日、LEE’S DENTAL CLINIC は6周年を迎えることができました

LEE’S DENTAL CLINICの自由診療専門という日本ではまだ特殊なスタイルとクリニックのコンセプトを支持していただいている患者様に支えられて、ここまでやってくることができた思っています。

 

開院当初、世の中に認知されるまでは本当に厳しい状況が続きました。芝浦の1台のみの小さなクリニックであったからこそなんとか維持できたのだと思います。そういった意味でも芝浦のクリニックに対する思いはとても深いものがあります。

 

昨年には日本橋に拡張移転をし、5周年を迎えることができ大きな転換となりました。

6年目を迎えた現在、お口の健康に対して意識が変化してきたことがあるので、今日はその思いを書いていこうと思います。

 

最近、自分自身の歯の状態の変化を身をもって感じています。それは病気ではなく、加齢による変化といえるのかもしれません。

以前は感じなかった歯の表面のざらつき、歯茎の退縮、知覚過敏、噛み締めによる歯の痛み、フロスを入れた時の歯肉の溝が以前より深くなっていること、などなど、

歯は日々使っているものなので、加齢とともに消耗していってるんだなということを実感しています。

こういったことから、患者様のお口の環境も個人差はあっても、時間とともに変化が起きているんだということを考えるようになり

治療した歯だけでなく、健康な歯のメンテナンスでもこういった加齢による変化になるべく気づけるようにしないといけない、と衛生士と話し合う機会が増えました。

 

また、クリニックが長くなればなるほど、治療した歯が欠けたり、外れたり、などのトラブルも当然起こってきます。

(治療したところが再び虫歯になってしまったというケースは半年以内の定期的なクリーニングにいらしている方ではまだいらっしゃいません

今後はそういったトラブルのフォローアップにもっともっと力を入れていかなければいけないと思っています。

治療したてが綺麗なのは当たり前のことです。歯は治療した後に棚に飾って鑑賞しているわけではなく、お口の中でものを噛む、歯ぎしり、くしばりなどの強い力に常にさらされています。

そしてお口の中にはたくさんのばい菌がいます。過酷な環境でストレスにさらされているのです。

健康な天然の歯でも加齢による変化があるのですから、治療した歯も、治療が終ったらそこで終了、ではなくて、治療後からいかにいい状態で長く使っていただくかが大切なのではないかと考えます。

そのためには日々のセルフケア、クリニックでのメンテナンスが不可欠です。

今後は専門とする根管治療、精密な歯科治療はもちろんですが、予防、メンテナンスに向けた取り組みをもっともっと強化していきたいと思っています。

治療を依頼された以外の歯でも、セルフケアに問題がある場合は積極的にお伝えするようにしています。

患者様に気づいていただき、ケアの方法を改善することで将来の虫歯、歯周病予防につながる歯がたくさんあるのです。

 

最後になりますが、スタッフのみんな、アビリタデンタルラボラトリーの今井さんご夫婦、友人、PESCJの先生方、家族に支えられて、あっいうまに6年が過ぎました。

本当に感謝です。ありがとうございます

 

6周年のお祝いをいただいて感謝感激です 

 

綺麗なガラスケースに入ったランのお花早速患者様にも綺麗といっていただきました。

IMG_2340 

 

リーズデンタルクリニック初代衛生士の後藤さんからも

(今は衛生士を育てる学校の先生として、元気に頑張っているそうです

IMG_2343

日本橋さくら通りの春

こんにちは。

桜が満開ですね

IMG_2324

今日は毎年楽しみにしている日本橋さくら通りの桜と私のお散歩コースをご紹介します

東京駅から茅場町まで続くさくら通りはその名の通り桜の通りです。

IMG_2333

 

なかなかの見ごたえで、今日のように暖かい日は東京駅から茅場町、またや茅場町をスタート地点として東京駅までお散歩をしながら歩くのがおすすめです。

今朝は満開でしたので、桜の写真をとっている人々がたくさんいらっしゃいました。

 

東京駅から桜通りを歩き、中央通りを越えると、高島屋があります。

わがクリニック近くの高島屋前

IMG_2315

高島屋を超えそのまままっすぐ進むと昭和通りにでます(非常に大きい通りです)。

昭和通りを超えてもさくら通りは続きますので、歩道橋を使ってぜひ歩き進んでみてください。

というのは、昭和通りを超えて茅場町に近い方の桜の方が見ごたえがありますし、人が少なくゆったり楽しめます

そして夜桜もまた綺麗なので、仕事の帰りに遠回りをして歩いて帰ることもあります。

 

IMG_2322IMG_2327

 

さくら通りを茅場町に向かって歩くと、左手にベニヤさんというパン屋さんがあります。

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130203/13021179/

ここはお昼時にいくといろんな種類のお惣菜パンがあり、具がパンからはみでるほどのボリューム感で、オススメです。

IMG_2323

散策の途中でぜひ寄ってみてください

そして次の大通り(新大橋通り)に着くと、私のお散歩は終わります。

どこかでコーヒーを飲みたい場合、八丁堀方面に少し歩き、小さな細い通りに入ると静かで小さなパンとコーヒーのカフェがあります。

(席はカウンターのみの名前の通り小さなかわいらしいお店です)

カワイイ ブレッド & コーヒー Cawaii Bread & Coffee

 

お散歩コースいかがでしたか?

以下google mapです。丁度良い散歩になると思いますので、ぜひおすすめします

スクリーンショット 2016-04-01 9.35.31

 

マイクロスコープを使用した歯根端切除術はどういう時におこなう手術なのか?

こんにちは。李です。

やっと暖かくなってきましたね、桜の蕾もふっくらしてきて、開花が楽しみですクリニックからすぐ近くの東京駅から茅場町まで続く桜通りの桜は毎年楽しみにしています。

満開になったらブログに写真をアップしようと思います。

 

さて、今日はマイクロスコープを使った歯根端切除術、についてお話しようと思います。

根っこの病気(根尖性歯周炎)にかかっている歯は根の周りに炎症がおこります。

 

レントゲン検査で緑→のようにうつります。

ap3

これは、根の中に細菌が蔓延しているためにおこる病気です。

ですので、根管治療とは、殺菌と細菌の栄養源になるものを取り除く治療なのです。

治療の時に細菌が根の中に入らないように細心の注意を払いながら、おこなわないといけません。

殺菌の薬がしっかり届くように根の穴(根管)をある程度広げます。

 

治療途中のレントゲン、根の長さや形を見るために撮っています

ap1

そして殺菌が終了した根の中には根管充填といって穴を封鎖するお薬をつめます。

根管充填後のレントゲン

ap2

 

けれども、根の中の殺菌をおこなう根管治療で根っこの病気(根尖性歯周炎)が100%なおるとは限りません。

 

なぜ治らない??

通常の根管治療では根の中に蔓延した細菌を完全に取り除くことはできないからです。

これは根管治療がうまくいっていないからではありません。

きちんとした手順、無菌的環境下で治療をおこなっても、根っこの中には殺菌が届かない場所があるからなのです。

但し、無菌的環境でおこなっていない根管治療は、殺菌が届かない以前に、根の中の細菌をより増やしてしまっている可能性があるので、これはよくないです

 

根管治療で殺菌がとどきにくいところは?

 

下の写真は奥歯の根っこをカットした断面です。ピンクの部分が根管充填のお薬です。

矢印の部分をご覧ください。すべて殺菌が届か届いてない部分です。

 

 isumusu2

 

部分は根と根の間の横道のようなもの(イスムスといいます)で、根の先端の方のイスムスはマイクロスコープでも見えませんし、

器具も届きませんので、殺菌が届きません

isumusu1

このように根の中には殺菌が届かない部分があることを、ご理解いただけましたでしょうか?

 

 

根管治療では確実に細菌の量を減らすことができますし、細菌が減れば体の免疫力で病気はなおりやすくなります。けれども、殺菌できる範囲は根の中の全てではありませんので、殺菌できなかった箇所に病原性の高い細菌がすみついていたり、細菌の栄養源が残っていたりすると、病気がなおらないこともあります。

ですので、一度細菌が蔓延した歯の根管治療は、神経を取る治療(細菌が蔓延する前に行う根管治療)よりも成功率が低くなるのです。

専門医がおこなう再治療の成功率は70~80%と報告されております。

神経を取る治療で、細菌をいれないように細心の注意を払った無菌的な根管治療をおこなうことが、いかに大切かもわかっていただけるかと思います。

 

根管治療で治らない場合、次の一手としておこなうのがマイクロスコープを使った歯根端切除術です。

根管治療の最後の頼みの綱とも言えます。

歯根端切除術では、歯肉を切り、その下の骨に穴をあけ、歯の根を切断して殺菌が届かない部分を根こそぎ取り除きます。

(患者様にこのお話をすると、皆様怖がって手術はやりたくない、という風に言われます

根管治療で殺菌が届かなかった部分を根こそぎ取るため、手術をおこなう場合の成功率は90%以上になります。

実際に、根管治療後、症状は治療前より良くなってるのだけど、すっきりせず、たまに違和感や歯肉を押すと変な感じがする、等完治していない場合も

手術を行った後はまったく症状がなくなりすっきりした!という声が多いです

 

この歯根端切除術はマイクロスコープを使用した方法と、肉眼でおこなう方法では成功率がだいぶ違います。

マイクロスコープを使用した方法の方が格段に成功率が良いのです。

次回からのブログでは、マイクロスコープを使った歯根端切除術と肉眼でおこなう通常の歯根端切除術の違いを解説していきますね

 

 

 

 

AE(Academy of Endodontics)学会 in 京都2016

李です。先週末、私が所属する根管治療専門医のためのスタディーグループPenn Endo Study Club in Japan(PESCJ)年に2回の学会(認定医試験の場でもあります)AE(Academy of Endodontics)が京都で開催されましたので参加してきました。

今回は2名の先生が認定医更新、新規で2名の先生が認定医取得のために発表をされ、みごと全員合格されました。おめでとうございます!!

(全員合格というのは珍しいことです

 

回を重ねるごとに先生方のプレゼン、症例発表ともにレベルアップしてより根管治療専門医向けの内容になっています。

とっても面白く勉強になります

素晴らしい発表を聞くと、自分も恥ずかしいものは出せないなと、プレッシャーを感じますので全員が全力投球で良いものを作ってくる雰囲気が漂い、会全体がどんどんレベルアップしているように感じます。

根管治療を専門にしていない先生からしてみると、マニアックすぎて圧倒されるかもしれません。

認定医試験の準備をされる先生方は、1年前くらいから準備をはじめます。

私も来年のこの時期に認定医の更新になりますので、今から内容を考え始めています。

認定医の更新となると、新規の時よりもさらにレベルをあげていないと、この4年間何をしていたんだと思われてしまいます。

より厳しく評価されると思うと、今からプレッシャーを感じてしまいます

 

さて、今回の京都滞在はお天気が良く気温も高く、学会の合間に街を散策し、京都を楽しみましたのでいくつかご紹介します。

 

梅が咲き始めていてとても綺麗でした

 

IMG_2196   

 

何度か患者様にお土産でいただきあまりの美味しさに衝撃だった出町ふたばの『豆もち』、

今回はじめて、本店に行ってみました。感激です通販などはやっていなくて、東京では月に一度、三越で買えるそうですが整理券がくばられるほど人気だそうです

 

IMG_2203

 

朝、錦市場を散策しながら学会会場に向かいました。途中で焼き栗を購入し朝ごはんとしました。美味しかったです

 

 

IMG_2255

 

学会後の懇親会は、美味しい中華のお店でした。このお魚はクエです

はじめていただきましたコラーゲンたっぷりで、美味しかったです

京都の神戸先生、お店の手配をありがとうございました

IMG_2256

 

学会中は集中して聞いていたので写真どころではありませんでしたので、ブログでごしょうかいするのは風景や食べ物ばかりになってしまいました

けっして遊んでばかりいたわけではありません

 

 

...91011...203040...

ご予約

診療時間: 10:00~13:00 / 14:30~18:00
9:00~15:00(水曜日)

※時間外診療ご希望の場合料金別途にて承っております。
※休診日はカレンダーをご確認ください。

根管治療、自由診療専門歯科医院
リーズデンタルクリニック

東京都中央区日本橋3-8-10 島崎ビル2階
03-6262-1045
info@leesdentalclinic.com

トップ