LEE'S ブログ

LEE'S ブログ

根管治療に関する記事を中心に、専門的ながら大切なことを治療例をまじえて、一般の方にもわかりやすく解説しています。ありきたりな内容ではなく、欧米の論文を精読した内容をベースに信頼性のある有用な情報を発信するよう努めています。(*記事の元になっている引用文献を記載しています)疑問に思ったことは徹底的にリサーチします。学会参加報告記や、お知らせ、プライベートのくだらないお話もごくたまに、綴っております。

根管治療後の土台の重要性 / 細菌が入らないために

皆様こんにちは。9月に入りあっというまに中旬です。

すっかり涼しく過ごしやすい季節となりました 夏が暑かっただけに嬉しいです。

さて、今日は根管治療が終わったあとの土台の重要性について症例をみながら解説していこうと思います。

 

日々歯の治療をしていて(根管治療に限らず虫歯治療も)、治療後のトラブル、(たとえば治療後も症状が改善しない、虫歯の再発や、詰め物被せ物が外れるなど)防止のために本当に大切だと痛感することがあります。

それは封鎖です。しっかりと密封すること、歯と材料の間に隙間がないことです。

 

隙間があると、唾液やプラーク(歯垢)からの細菌が歯の内部に入り込む通り道になるし、それが原因で虫歯にもなります。

また根の中に細菌が侵入すると根管治療をした歯も病気が再発します。細菌がどんどん繁殖するような場合は、嫌な匂いがしてきたり、治療で詰め物をはずすとぐちゃっとしています

 

スキマから銀歯がゆるみ、はずしたところ。虫歯になり、ぐちゃっとしている状態。

DSC03361

 

たとえば、食品のことを考えてみてください。食品の保存でも密閉することって大切ですよね?真空パックになっているものは腐らないです。全ては細菌が関わっていて、細菌が入らない環境だと腐りません。

虫歯は、歯に細菌が感染して歯を変性させる病気なので、腐るという言葉があてはまるかもしれません。

隙間ができない精密な封鎖の治療で細菌が入らないような治療をすることが本当に大切なのです。

 

以前にもどこかで書きましたが、根管治療では

根管治療→細菌を取り除く治療

封鎖の治療→新たな細菌や細菌の栄養源が入らないようにする治療(土台やその後のかぶせもの)

 この二つが根管治療の要です。

虫歯治療では細菌をとることと封鎖の治療がセットになっていますが、考え方は同じです

 

では、どうすればぴっちり密封できるのか?

下の症例で土台の治療(封鎖)をどのようなところを気をつけているのかを見て行きましょう。

 

歯科材料は日々進化しており、現在土台の材料としては接着性レジンを使用した接着の治療が主流です(欧米では)。

接着というのは歯にくっつきますから、一番封鎖性が高いです。でもアロンアルファなどの接着剤と同様、ぬれた表面や、汚れている表面にそのままおこなうと、接着は失敗します。

当院では根管充填後、そのまま土台の治療になります。なるべく早く封鎖し、細菌が侵入するチャンスがなるべくないように、という考えからです。

 

根管充填直後。

根管充填で使用する材料が歯の表面にベタベタくっついています。

この状態で接着の操作をおこなうのはマズイです接着がうまくいかず、密封出来ません。

 

DSC02798

 

 

いくつかの器具を使用しながら歯の表面を綺麗にします。唾液にぬれた状態での接着操作はもってのほかですから、ラバーダムをかけて顕微鏡下でおこなうのが理想的です。

たまに、エアーにも水がでることがあり、その場合は一からやり直します。

DSC02799

 

接着修復でレジンコアを填入したところ。

DSC02800

 

よく、土台のダツリ(はずれる)ということがありますが、接着が成功している場合、すぽんと脱離することはありえません。まるまるはずれるということは、接着がうまくいっていないのです。

接着操作は細心の注意を払っておこなわないといけない、デリケートな治療です。

そしてこの接着の治療を精密におこない歯の表面を密封すること、これがその後のトラブル予防にとっても重要なんです

 

 

 

根管治療の診査の重要性〜症例をみながら〜

こんにちは、李です。

8月も今週で終わりですね。あっという間でした。

それにしても暑い夏でしたね……(昨日今日は涼しく、エアコンつけずに過ごせるのがうれしいです)

今年の夏は、暑かったことが一番の思い出です

 

さて、今日もまた根管治療のお話をしたいと思います。

前回は根管治療の初診でどういった検査をするのか、についてお話しました。

今日は、具体的に1症例をみながら複数の検査をおこなうことの重要性をお話していこうと思います。

根管治療専門医がおこなう検査手順をふまずに、診断をしてしまうと(たとえば視診とレントゲン検査だけとか)誤診につながることもあり、必要のない歯に根管治療をして、でも治らない、なんてことが起こってしまう可能性もあるのです。

 

こちらの症例は、はぐきにニキビのようなものができた、ということで来院された患者様です。

その他に痛みなどの症状はありません。

右上6番という奥から2番目の歯のちょうど真下にぷっくりと、膿みの出口(フィステル、サイナストラクトなどといいます)ができています(青→)。

DSC01185

 

 

この膿の出口は歯の根っこの病気(根尖性歯周炎)ができているときに見られる所見の一つです。

ということで、レントゲン検査をおこなってみると

 

奥から(左から)2番目の6番という歯の遠心根という根の周りに黒い陰(根の病気の典型的なレントゲン所見です)があります(赤→部分)

 

diag1diag2

 

ここまでの検査①視診②レントゲン検査だけで判断すると(6番の歯の直下に膿の出口、6番の遠心根に黒い陰)、

奥から2番目の6番が膿の出口の原因、根っこの病気があるのは6番だと思ってしまう可能性が高いです。

6番は根管治療がされてない、神経が生きているようにみえる歯だけど神経が死んでしまって中でくさっているんだな、と言う風に考えるのです。

根管治療を専門的に学ぶ前の私だったら、この2つの検査だけで6番が 原因の歯であると診断していたと思います

 

でも他にもおこなうべき検査があります。

歯をコンコンと叩いて反応をみる打診、歯肉に触れて反応を見る触診、そして神経の知覚反応をみる温度診歯周ポケット検査などです。

打診、触診ともに反応はマイナスでした。では温度診は?

ということで原因と思われる6番に冷たい刺激を与えると、反応があります。数回おなじように確認しても反応は(+)。

つまり6番の歯の神経は生きている可能性が高いという事です。

これは膿の出口の原因は6番じゃないぞ、ということになり、

 

このように、膿の出口に目印を挿入してレントゲン撮影をおこなうと、

 

DSC01188

 

レントゲンではこのようにうつります。(6番のとなりの7番の根っこの先にたまった膿が6番の真ん中当たりに出口を作っていたのです)

 

diag3

 

そして7番は神経の知覚検査でも反応は(−)でしたので、この6番のところにできた膿の出口は診査の結果、一番奥の7番が原因であることがわかりました。

もしも、視診とレントゲンだけで診断していた場合は、6番が原因と誤診し、必要のない治療をすることになり、

最悪のケースは6番の健康な神経を犠牲にしてしまう可能性もありえたということになるのです。

 

以上、症例を見ながら診査の重要性をご説明いたしました。

初診でおこなう診査診断は 本当に本当に重要なのです

 

 

●根管治療の初診でおこなう歯の検査とは?

 こんにちは。李です。

毎日本当に暑いです。クリニックは日当りが良いせいでクーラーの効きが悪くブラインドを閉めて診療をしています

それでも効きが悪く暑くて患者様にはご迷惑をおかけしており、最近冷たい麦茶のサービスを始めましたのでそちらは喜んでいただけているようです

 

さて、今日は当院でおこなっている根管治療の初診でおこなう診査の内容についてご説明いたします。通常以下6項目の検査をおこないます。

 

①問診、②視診、③神経の検査、④根尖周囲組織の検査、⑤歯周ポケット検査、⑥レントゲン検査です。

 

これらの検査結果から、診断名(病名)がつきます。そしてその診断のもと、適切な治療がおこなわれるのです。

根管治療が必要な場合の歯の診断名は歯髄炎か根尖性歯周炎です。

歯の痛みが主訴でも診査結果からこの診断名がつかない場合には、治療はおこないません。

憶測で治療をすることはできないからです。

歯が痛いと思って来院されても検査結果で歯が正常な場合もよくあります。

関連痛非歯原性痛というものから歯が痛く感じる場合もあるのです。

こういったことがわからずに誤診で必要のない歯の治療をおこなわないように細心の注意を払っています。

以下それぞれについて詳しくご説明いたします。

 

①問診

一番大切なのが問診です。患者様の主訴、それまでの治療経過、痛みの経緯はとても重要な情報になります。

主訴が歯の痛みの場合、その痛みと以下におこなう検査結果に関連性があるかどうか、を見極めることは誤診を回避する重要ポイントになります。

  

②視診

患者様の主訴はおもに痛みであることが多いですが、痛みを訴える歯を実際目で確認します。

目で診査をした時に歯に虫歯がある、欠けている、歯肉が腫れている、詰め物がしてある、などなど歯の状態を見てきます。

 

 視診の一例。抜髄治療を他院で受けていますが良くならないというお悩みで来院された患者様。

赤→のところに虫歯が残っていそうだな、というのが確認できます。

DSC01061

 

視診の一例。歯肉にぷっくりとおできのようなものが出来ています。

DSC01185

 

 

③神経の検査

この検査は歯の表面に冷たい刺激や熱い刺激、電気刺激をあてて神経の反応をみる検査です。

正常な神経も反応しますので、主訴の歯の反応と正常の歯の反応とを比べていきます。

神経の炎症が強い場合は正常よりも強く反応したり、痛みが長引いたりしますし、逆に神経が死んでしまっていたりする場合は反応しません。

この検査では、正常神経でも反応しない場合もあります。この検査だけで神経の状態を100%正確に判断する事はできませんが目安にはなるのでとても大切な診査です。

レントゲンやその他の診査と合わせて総合的に診断して行くのです。

リーズデンタルクリニックでは、虫歯の治療の時もかならず神経の検査をおこない神経の反応を確認してから治療をおこなっていきます。

*この検査はすでに神経がない再治療の歯ではおこないません。

 

④根尖周囲組織の検査

根尖周囲組織とは、歯の根の周りの組織のことです。歯根膜とよばれる歯の根の周りをとりまく組織、歯肉や骨のことです。

この診査も健康な歯の反応と比較して度合いを見ていきます。

触診は歯の根のあたりの歯肉をおした反応をみます、打診は歯をトントン叩き、正常な歯との反応の違いをみます。

必要に応じて固いもの咬んでもらい痛いかどうかの検査もおこないます。

すべて正常な歯の反応と比較し、明らかに反応が強い場合は根のまわりに炎症があると判断します。

 

⑤歯周ポケット検査

歯の周りの歯周ポケットの深さをはかることも重要な診査です。

歯周病を併発しているかどうか、ひびの疑いがあるかどうかをみていきます。

初診の時点で歯にでっぱったクラウンが入っていたりする場合は正確に測れない事も多く、治療でクラウンをはずした時に再度麻酔をして入念に確認します。

DSC02013

歯周ポケットが深いからといって必ずひびがあるとはかぎりませんし、ポケットが浅くても根管治療の際に根管の中のひび染めをしてひびが見つかる事もあります。

以前のブログでも書いておりますが、ひびの確定診断は目で確認することです。見えないところにひびがある場合は抜いてはじめてひびがあることがわかった、などというケースもあります。ひびの診査での検出は難しい場合があります。

 

⑥レントゲン検査

レントゲン検査では多くの情報が得られます。虫歯があるかどうか、虫歯の大きさ(神経までの距離)、根の病気(レントゲンでうつる黒い陰)があるあか、その大きさ、根っこの形(これを見るためには角度を変えた偏心投影での撮影が必要です)再治療の歯なら過去の治療の状態、穿孔している部分があるかないか、歯の厚みや量、などを見ていきます。

 *患者様で他の医院で撮影したレントゲンを持って来てくださる方がいらっしゃいますが、写真の位置づけが浅く、根の先端がしっかり写ってないことがほとんどです。そういったレントゲンからは正確な情報が得られませんのでこちらで撮影をしなおします。

 

正面から撮っているレントゲン(左)と偏心投影のレントゲン(右)を撮影する事で

根の形を立体的にイメージできます。

0000000260_尾崎 勝_IntraOral_201403181232550000000260_尾崎 勝_IntraOral_20140318123409

 

下のレントゲンからは根の病気の有無と大きさ(青→)、過去の治療で根管は太く拡大され、根管充填剤がとびでてしまっている(赤→)、歯の頭の部分()は歯の質が非常に少なく薄い、ということがわかります。

 

dental1

 

以上①〜⑥の診査をおこない(再治療歯は①②④〜⑥)、結果から診断をします。

この時点で診断ができない状態の歯もあります。そういった場合は『wait and see』です。

病気の状態が移行期の場合は検査の反応がわかりにくい場合もあります。その場合はもう少し待って再度検査をおこないます。時間がたつと、検査で明らかな病的所見が見られる事もよくあります。

 

以上が当院でおこなっている根管治療の初診の内容です。

診査結果と診断名のご説明の用紙もお渡ししております。

 

 

 

 

 

●根管治療、前処置の重要性/ 歯のラインがくっきりでていない

皆様こんにちは。李です。

梅雨が明け、猛烈な暑さですね

エアコンの効きが悪くて院内も暑いです。恐ろしい猛暑の時期がやってきてしまいました

 

さて、移り変わる季節とは関係なく日々の診療は続いて行きます。

根管治療でお悩みの患者様がほとんどのリーズデンタルクリニックですが、根管治療の前処置の段階でいろいろな問題を抱えている歯が多いなと、常々思います。

根管治療以前に、この問題を解決しないことには、根管治療もうまくいくはずがないのです

 

このブログでも前処置の重要性は何度も書いておりますが、今日はまた別の症例を見ながら根管治療に影響するだけでなく、後の被せもの(クラウン)の治療が綺麗にできるかどうかも左右する問題について書いていこうと思います。

 

根管治療に入る前に、今歯にかぶっている被せもの(クラウン)や詰め物をはずして中の歯の状態をチェックし(虫歯、ひびがないか、健康な歯の厚みや丈がどれくらい残っているか)、続く根管治療にむけて隔壁の処置などをおこなう前処置を必ずおこなって行きます。

 

詳しくは根管治療のページを参照してください。

https://leesdentalclinic.com/endodontic

 

これはとても大切な治療ステップなのです。

なぜなら、ここで何か悪い事を見落としてしまうとその後の根管治療の成功にも影響するからです

 

治療をしていてよく遭遇するケースがあります。

それは、クラウンと歯の接合部分、境界のところ(マージン部分といいます)がずれているケースです。

どういうことかと言いますと、以下写真を見ながらご説明しますね。

 

下の写真は良い例です。クラウンと土台であるポストをはずした状態です。

注目するべきところは、歯のラインが全周しっかりとでています。歯と歯肉の境界がはっきりわかりますよね?(ピンクの歯肉は少し炎症がありますが)それに歯の厚みや丈もまあまあ残っています。

 

margin1

 

 

次に良くない、問題のあるケース。同じくクラウンと土台をはずした状態です。

青→部を見てください。歯肉は赤く(私が削って傷つけたわけではありません)、歯の歯肉の境界はくっきりしていません。それどころか、歯肉が歯にかぶっています

本来の歯のラインが、歯肉の位置より深いところまでなくなってしまっていて、そのために治療がうまくいかずに、ずれたところにクラウンがかぶっていたのです。

そのせいで歯肉に炎症もおきています。術前の歯周ポケットの検査でも歯肉からの出血がひどく(つまり炎症をおこしている)、患者様は歯肉の腫れや違和感を感じていらっしゃいました。

 

margin2 

 

本来の歯のラインをしっかりだしてあげないと、治療の全てがうまくいきません。

そのためには麻酔をして歯肉を切除します。

 

電気メスを使い歯肉を切除したところ。

どうでしょうか?上の状態と比べてみてください。これが本来の歯のラインです。歯が1.5倍くらい大きいですよね?本来はこの位置からぴったりあったクラウンを作らないといけないのです。上の写真のような歯とずれて歯肉がかぶったような状態でクラウンを作ってかぶせてしまうと不適合で隙間があり、そのためばい菌が入りやすく二次虫歯になりやすくなります

また接着もうまくいかないので、はずれやすくもなります。

なによりも歯と歯肉の周りが不衛生、不健康な状態がずっと続くのです。

 

margin4

 

横からみたところ。歯がかなり薄く、歯の丈がほとんどありませんね。

綺麗なかぶせものをつくるための条件が悪いです。綺麗なクラウンをつくつためには

歯肉の上にすくなくとも1mm~1.5mmは歯の丈が必要なのです。

(このあ患者様はこの後、歯の丈を確保する歯冠長延長術という外科手術をおこなうことになりました)

margin3   

 

一番最初にお見せした良い例の隔壁後の横から見た状態。

全周くっきりと健康な歯が厚み、丈ともにしっかりあってはじめて隔壁もしっかりおこなえるし続く根管治療もうまくいきます。そして何よりも最終的なクラウンが歯にぴったりあったきれいなものをつくることができます。

 

歯にぴったり合った綺麗なクラウンとはどんなものか?

詳しくは前々回のブログを見てみてくださいね

https://leesdentalclinic.com/4090.html

 

margin6

 

根管治療は根の中の治療ですが、根管治療に入る前にこういう問題も見過ごしてはいけないし、改善しないといけません。

 

今日のまとめです。

歯のラインをしっかりとだして治療をおこなうことで、

①接着がうまくいき、のちの根管治療の際にすきまからの細菌をシャットアウトできます。

これは根管治療の成功に影響します。

②のちのクラウンが歯にぴったりあったものができるため、歯肉が健康に見た目もよく、隙間からの細菌侵入による二次虫歯になりにくいです。

 

 

 

 

 

 

Dr. Sanjay Gupta, CNN主任特派員のメッセージ『毎日のフロスで100歳まで長生き?』

こんにちは。李です。

今日はフロスに関しての情報です。

 

リーズデンタルクリニックでは、通っている患者様はご存知の通りフロスの使用に関してはかなり強くお勧めしています(ほぼ強要??くらいにですね)。

 

 先日、CNNの主任医療特派員であり神経外科医のDr. Sanjay Guptaが、CNNのホームページ

『毎日のフロスで100歳まで長生きできるかも!』

というメッセージを伝えていますので、これはぜひとも皆様にみていただきたい、と思いました。毎日のフロス使用のモチベーションがUPするといいな、と思います

 

 

動画はこちらをクリック!!(英語です)

 

 

This string may help you live to be 100

 

このメッセージはどういうことなのか?というと、

 

歯肉に炎症があると、体の他の部分にも炎症がおこる可能性が言われています。

炎症は心疾患予測因子と言われています。

ですので、フロスをおこなうことで心臓の病気のリスクを減らすことができる可能性がある。ということなのです。

このことは、以前より言われておりますので既にご存知の方も多いと思います。

 

この説は(歯肉の炎症、歯周病と心臓の病気の直接の因果関係)まだはっきりと証明されていませんが、少なくともフロスをおこなうことで、虫歯、歯肉炎、歯周病は予防できますし、それでさらに心臓の病気まで予防出来て長生き出来れば一石二鳥どころか、一石三鳥ですよね!

健康に対してのメリットはかなり大きいのです。

 

とうことで、結論

『細菌(プラーク)は炎症の原因なので、これをフロスで取り除く事で、炎症を予防します。

毎日のフロスは歯周病や虫歯を予防します、そしてもしかしたら心臓の病気も予防するかも??』

 

 

 

 

 

...10...192021...304050...

ご予約

診療時間: 10:00~13:00 / 14:30~18:00
9:00~15:00(水曜日)

※時間外診療ご希望の場合料金別途にて承っております。
※休診日はカレンダーをご確認ください。

根管治療、自由診療専門歯科医院
リーズデンタルクリニック

東京都中央区日本橋3-8-10 島崎ビル2階
03-6262-1045
info@leesdentalclinic.com

トップ