根管治療に関する記事を中心に、専門的ながら大切なことを治療例をまじえて、一般の方にもわかりやすく解説しています。ありきたりな内容ではなく、欧米の論文を精読した内容をベースに信頼性のある有用な情報を発信するよう努めています。(*記事の元になっている引用文献を記載しています)疑問に思ったことは徹底的にリサーチします。学会参加報告記や、お知らせ、プライベートのくだらないお話もごくたまに、綴っております。

お知らせ LEE’S ブログ の進化型『LEE’S ACDEMY』4/3開講!!:新しい記事、これまでの記事の内容のアップデートバージョンはもちろんのこと、新しく楽しい試みをたくさん行う予定です。

根管治療と抗生物質②〜抗生物質で根の病気はなおるのか?

今日は前回の『抗生物質と根管治療』の続きをお届けいたします。このテーマ、ご好評いただいているようで嬉しいです。皆様興味のあるトピックなのでしょうね

本編に入る前に重要なお知らせです

『根管治療と抗生物質』のブログ記事は4部作となっております。

必ず②③はセットでお読みください。根管治療で抗生物質の服用が必要な場合もあり③で解説しています

根管治療と抗生物質③〜抗生物質を服用するタイミング〜

 

それでは本日のテーマ『根管治療と抗生物質②〜抗生物質で根の病気はなおるのか?』に入ります。

根管治療と抗生物質の関係を以下の参考文献を元に解説していきます。

1.Siqueira続きを読む

根管治療と抗生物質① 〜レビュー論文を読みましょう〜

皆様こんにちは。李です。

さて、新年はじめての根管治療のトピックは『根管治療と抗生物質』です。
このテーマは前から掘り下げてみたいと思っていたものでした。
自分でも疑問に思うことがいろいろあったから、なのです。

根管治療で抗生物質の服用が必要な場合ってどういうときでしょう?
痛いとき?痛みが激しいとき?腫れている時?膿が出ているとき?

私の疑問点は、
痛み止めだけで効く場合と、抗生物質も飲まなければいけない場合、どうやって判断すれば良いのか?
その明確な基準ってあるのかな?
また、抗生物質にも種類があります。私の個人的な使用感としてはセフェム系のフロモックスなどよりもマクロライド系のクラリスやジスロマックの抗生物質の方が効きやすいのですが、それはなんでなんだろう??… 続きを読む

2014 明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます
2014年、皆様にとって良い1年となりますように
本年もLEE’S DENTAL BLOGをよろしくお願いいたします

お正月休みはゆっくりと過ごされましたか?
私は明日からお仕事スタートです。
ゆっくりとお休みし、ほとんど何もせずに過ごしたおかげで体調不良から回復し元気になりました
でも、今回は回復するのに時間がかかり、年齢を感じました
年の始まりは健康について考えることが多かったので、今年の目標は
健康、ストレス対策、時間管理、という3本柱でいきます。

去年は診療メインの一年でしたが、今年はもっともっと勉強もしたいので、診療と勉強のバランスを少し考え直そうかと思います… 続きを読む

初診予約

診療時間: 平日10:00~13:00 / 14:00~18:00
(水曜は17:00まで)

土曜9:00~13:30 / 14:30~17:00

※休診日はカレンダーをご確認ください。

歯内療法専門歯科医院
リーズデンタルクリニック

東京都中央区日本橋3-8-10 島崎ビル2階
03-6262-1045

トップ