LEE'S ブログ

LEE'S ブログ

根管治療に関する記事を中心に、専門的ながら大切なことを治療例をまじえて、一般の方にもわかりやすく解説しています。ありきたりな内容ではなく、欧米の論文を精読した内容をベースに信頼性のある有用な情報を発信するよう努めています。(*記事の元になっている引用文献を記載しています)疑問に思ったことは徹底的にリサーチします。学会参加報告記や、お知らせ、プライベートのくだらないお話もごくたまに、綴っております。

歯のクリーニング と 歯石を取る って何が違うのでしょうか?

皆さんこんばんわ!
昼は晴れても、夜はすごく寒くなってきますね。
今日のテーマは『歯のクリーニング』と『歯石除去』です。
さて、何が違うのでしょうか?
リーズデンタルクリニックにいらっしゃる患者さんの中にも何がちがうのか、混乱していらっしゃる方が多いテーマです。

基本的には
『歯のクリーニング』→予防のためにおこなうもの →自由診療(保険がきかない)
『歯石除去』→病気の治療(歯周病の治療)としておこなうもの →保険治療

という感じです。

日本の保険制度は病気に対しては保険がききますが、予防や検診には実は保険がきかないことがほとんどです。
人間ドッグや健康診断も保険がきかないのはそのためです。
病名、病気の疑いという診断のもと、はじめて保険が適応されます。

歯石は歯周病の大きな原因です。歯石(ほとんどが細菌です)がついてることによって歯茎が腫れたり、歯周病が進行します。
なので、基本的には歯石除去は歯周病の診断のもと(検査をして歯周病と診断されたら)、病気の治療として保険適応で治療が可能になるという解釈なのです。
ちょっとややこしく、わかりにくいですよね?

ではクリーニングはどうでしょう?
クリーニングで奇麗にするものは歯の汚れ(コーヒー、お茶、ワインなど色素やタバコのヤニなど)やバイオフィルムというお口の中の細菌が膜をはったように層になったもの(お風呂の水垢やぬめり、掃除をしてない水槽のぬめりをイメージしてください)です。
毎日の歯磨きやデンタルフロスで徹底的にきれいにできれば良いのでしょうが、なかなか完璧にはいきません。
定期的にクリーニングをすることで、お口の中を健康的で奇麗な状態に保ち、細菌をおびきよせにくくするのが目的です。

つまり、クリーニングは歯の治療が全て終わり、健康な状態をキープする、より良い状態に維持するための予防的な位置づけです。
皆さん違いはおわかりになりましたでしょうか?
クリーニングは歯科医院それぞれで、内容に工夫を凝らしていると思いますのでいろんなところで受けてみるのも面白いかもしれませんね。
ちなみにリーズデンタルクリニックではクリーニングは人気メニューです。特に歯茎のマッサージが気持ちよいとご好評いただいております。
下記↓ホームページの『予防、クリーニング』のところの<PMTC>に詳しくのっていますので、ご興味のある方はどうぞご覧になってくださいね。
http://www.leesdentalclinic.com/#7

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてください!

初診予約

診療時間: 平日10:00~13:00 / 14:00~18:00
土曜9:00~13:30 / 14:30~17:00

※休診日はカレンダーをご確認ください。

歯内療法専門歯科医院
リーズデンタルクリニック

東京都中央区日本橋3-8-10 島崎ビル2階
03-6262-1045

トップ