LEE'S ブログ

LEE'S ブログ

根管治療に関する記事を中心に、専門的ながら大切なことを治療例をまじえて、一般の方にもわかりやすく解説しています。ありきたりな内容ではなく、欧米の論文を精読した内容をベースに信頼性のある有用な情報を発信するよう努めています。(*記事の元になっている引用文献を記載しています)疑問に思ったことは徹底的にリサーチします。学会参加報告記や、お知らせ、プライベートのくだらないお話もごくたまに、綴っております。

夜の歯磨きと朝の歯磨き、どっちが大切?

こんにちわ! 李です。
来週はもう3月なんですね。ついこの前まで1月だったのになんて早いんでしょう!

さて今日は大切な大切な歯のお手入れ、歯磨きについてです。
夜と朝の歯磨き、どちらか省くとしたらどっちでしょう?
答は朝です!

なぜかというと、これは唾液と深~い関係があります。
夜、寝ている間は日中に比べて唾液の分泌量が極端に減るのです。
そのため、唾液の自浄作用(唾液で歯の表面の汚れを洗い流すイメージ)がなくなっていまうのす。
夜寝ている間の方が、虫歯菌や歯周病菌がモリモリと繁殖しやすいのです。

夜の歯磨きが一番重要だということがお分かりいただけましたか?
だからといって、私はいつも朝昼の歯磨きをしていないわけではありません。
さっぱりしたいので、朝も昼も必ず歯磨きします。
でも腰を据えて徹底的にお手入れするのは夜だけです。

唾液って、とても重要な存在です。
加齢や病気で唾液の分泌量が減ってくるといろんな問題が起きやすいのです。
先程の自浄作用も大切ですが、唾液自体にも歯をつよくする再石灰化効果もあるんです。
殺菌や抗菌作用もあります。
唾液が少ないと、虫歯になりやすくなり、歯周病にもかかりやすくなります。
口の中が乾き気味になり、ヒリヒリします。
ヒリヒリするから、さらに歯磨きがやりづらくなり、虫歯、歯周病菌を増やしやすくする、と悪循環です。

『ちょっと口の中が乾き気味かもしれない。。。』と思われる方がいらっしゃいましたら
なるべく良く噛んでみてくださいね。
ポスカムやキシリトールガムなんかを噛むのも良いと思います。
噛むことで唾液も出やすいし、歯への再石灰化効果もあるので一石二鳥ですね。

でも、どんなにガムを噛んで唾液をだしても、夜のフロスは絶対にやらないとダメですよ!(→前回のFloss or Die!に戻る)

この記事が役に立ったら、SNSでシェアしてください!

初診予約

診療時間: 平日10:00~13:00 / 14:00~18:00
土曜9:00~13:30 / 14:30~17:00

※休診日はカレンダーをご確認ください。

歯内療法専門歯科医院
リーズデンタルクリニック

東京都中央区日本橋3-8-10 島崎ビル2階
03-6262-1045

トップ