根管治療に関する記事を中心に、専門的ながら大切なことを治療例をまじえて、一般の方にもわかりやすく解説しています。
ありきたりな内容ではなく、欧米の論文を精読した内容をベースに信頼性のある有用な情報を発信するよう努めています。疑問に思ったことは徹底的にリサーチします。学会参加報告記や、お知らせ、プライベートのくだらないお話もごくたまに、綴っております。

根管治療をしないで歯根端切除術のみ行うケース〜長いポストで除去が難しい場合に〜

2017.10.16 | 根管治療, 歯根端切除術 |

 

皆様こんにちは。すっかり寒くなりましたね。

今日は生活歯髄療法のお話に入る前に、歯根端切除術についてもう少し書きたいと思います。

 

根管治療を行わずに歯根端切除術だけを行う場合

 

歯根端切除術は、通常の根管治療で病気が治らなかった場合に行う手術法です。

あくまで病気の原因は根管の内部の細菌感染ですから、根管治療を行わずに手術のみ行うことは病気の原因の感染源を残すことになりますし、ひび割れの見落としなどもありえます。

 

ですので、通常は行いません。

 

では、どういう時に行うのか?当院では二つのパターンがあります。

 

以下にご説明していきます。

①コア、ポストが長く太く、除去するのが難しい

または物理的に不可能、外すことにリスクがある場合

前歯などでよくあるケースです。過去の治療でメタルコアのポスト部が極端に長く、除去が難しい場合、

削る道具の長さにも限界があるため、物理的に届かずはずすことが不可能な場合、

歯が薄く、今後長持ちしなさそうな歯で腫れや痛みなど症状があり、抜歯はまだしたくなくて延命的な処置ご希望の場合などに

根管治療は行わずに歯根端切除術のみ行う場合があります。

 

症例でご説明していきます

 

下のレントゲンの患者様は長く太いメタルポストが装着されていて、歯肉に腫れ痛みがありました。

前歯なので、抜歯をすると隣の健康な天然の歯を削りブリッジにするか、インプラント治療となります。

まだお若い患者様でしたので、使えるうちは自分の歯を使いたいと強くご希望されていました。

ポストが長すぎて除去が難しいこと、うまく外せたとしても歯が薄すぎて長持ちしない場合は、トータルの治療費用対効果が悪すぎることなどをご説明し、

歯根端手術のみを行うプランとなりました。

 

初診時のレントゲン写真

 

歯根端切除術後

術後1年経過観察時

腫れ、痛みの症状も改善、病気は治癒して問題なく歯を使えています。

こういったケースでは、根の中に感染源が残るというデメリットよりも、クラウンやコアを外すことのデメリット、リスクの方が大きいと考えます。

そして、歯肉に腫れや痛みなどの明らかな不快症状があってなんとかしたい、けれども抜歯はまだしたくない、という場合に適しています。

 

②患者様の強いご希望で、被せ物を壊したくない場合

当院では、患者様の強いご希望があっても、その歯がしっかりした歯で長持ちしそうであれば被せ物を外して根管治療をオススメすることが多いです。

なぜなら再発した時のリスクを考慮するからです。

それでも、セラミック治療を行ったばかりでどうしても外したくない という強いご希望がある場合には、後の根の病気の再発のリスクをご納得いただいた上で歯根端切除術だけを行います。

 

こういったケースでは、患者様にとっては根の中に感染源が残り病気が再発することのリスク回避よりも、クラウンを壊さないことの方がプライオリティが高いと考えます。

 

認定医更新試験 in 札幌AE (Academy of Endodontics)2017

2017.09.29 | 根管治療, Penn Endo, グルメ&ワイン, 学会報告 |

 

こんにちは。李です。

先週末は札幌で行われたAE(Academy of Endodontics)で、認定医更新試験のために発表を行いました。

前回認定医試験を受けたのは5年前ですので、久しぶりの発表で緊張しました。

この更新試験はトピックプレゼンテーションとケースプレゼンテーションの二つを行わなければならず、判定も細かく厳しく、準備が本当に大変です。

今回私は今自分が興味のあるトピックを選びました。

『神経を残す(保存する)治療法、生活歯髄療法』英語でいうと『Vital Pulp Therapy』です。

 

↓ 発表のタイトルスライド。自作のイラストです。

 

(余談ですが、私はスライド内で説明に使うイラストを自分で描くのが好きです。今回Apple pencil を使ってみましたが、すごく描きやすく鉛筆、マーカー、ペンのラインが本当にリアルで

描いていてとても面白かったです!!)

 

 

この領域に関して、大学で教わった古典的な考え方と違う、新しい考え方を裏付ける研究、報告などが多数出てきています。

今回この発表のためにかなり多くの資料を集め、論文抄読を行いました。最新の知識のアップデートができ、とても勉強になりました。

 

どういう内容かというと、

例えば 大人の歯の深い虫歯で

古典的な考え方

虫歯が深い場合、神経が露出したとしても、虫歯は全部取らなければいけない、

最近の考え方

神経が露出しないように虫歯は全て取らずに、しっかり封鎖をする。そうすることで中の細菌が減って、虫歯の進行が止まり、神経を保存することができる。

 

*これは神経の炎症が浅い場合にできる治療法です

 

例えば 大人の歯の深い虫歯で

神経の炎症が深い場合、神経は全部取る治療を行う方が成功率が高く、確実な治療法です。

最近の報告では部分的に炎症の多い神経だけを取る生活歯髄療法を行い、2、3年予後で高い成功率が報告されています。

 

などです。

*完全に神経が死んでる歯には適応できません

 

6,7月で資料集めと論文抄読、8月に内容の構成を考えプレゼン作り、夏休みもほとんどこの作業に時間を使いました。

そして9月は仕上げと見直し、配布資料作成、練習です。

そんな訳でブログの更新もなかなかできませんでしたが、発表内容は自分で満足のいくものになり達成感を感じています。

しばらくこのブログでも生活歯髄療法のテーマを取り扱っていこうと思います。

 

↓発表が終わったところ

 

発表後は懇親会で、いくらを大量にのせるお店で北海道の魚介を堪能しました!!

 

 

翌朝は北大のキャンパス内を清々しい気持ちでジョギングしました。

 

歯根端切除術〜手術で根にひびが見つったらどうするか?〜

2017.08.19 | 根管治療, 歯根端切除術 |

こんにちは。李です。今日は歯根端切除術について、手術で根にひびが見つかるケースについてお話していきます。

 

根管治療を行っても治らない場合の原因の一つとして、根の表面に入ったひびがあります

 

根の内部にまでひびが達していれば、顕微鏡を見ながらの根管治療中にヒビを発見できる事もありますが、

まだ内部に到達してないようなひびは歯根端切除手術をして初めて発見される事も多いです。

根管治療をして、歯根端切除術まで行って、その時にひびがあった、となるととても残念な結果です。

根にひびがある限りその歯は予後不良なので、抜歯が第一の選択肢に上がってきます。

色々と手を尽くしたのに結局ダメだった、歯は残せなかったということになります。

けれども患者様にとっては、歯を残したい一心で歯を保存するための根管治療を受けていらっしゃいますので、

手術でひびが見つかったからすぐに歯を抜く、という決心がなかなかつかない方もいらっしゃいます。

 

私としては手術をせっかく行っていますので、根にひびを見つけた途端に手術をやめることはせず、そのひびの表面にくっついている感染した部分を染め出し、なるべく取り除きます。

そこをMTAで詰めて、通常の手術内容を一通り終えます。

その後患者様に動画でひびの存在と歯根端切除術で行った処置、ひびのせいで予後不良であること、抜歯について、また抜歯後にどういった治療があるかをご説明します。

患者様はしばらく様子を見ながら抜歯の時期を考えるという方と、すぐに抜歯をする方に分かれます。

というのは、

ひびがあっても、手術を行うとことで汚染部分を一旦取り除き、MTAで補修をするため、もともとお悩みだった腫れや痛み、その他の不快症状が劇的に改善します。

(あくまで一時的です)

 

以下に症例をご紹介します。

ケース1

過去に3回根管治療を繰り返し、治っては再発を1年おきに繰り返していたとう患者様です。

①治療前の初診時、歯肉に腫れもあります②当院根管治療後、症状は軽くなるものの完治しません。

③歯根端切除術直後(この時にひびが見つかりましたが、一通りの処置を終えています水色←部分がひびの部分です)

④術後半年 レントゲン上では黒い影がなくなり、治癒しています。症状もなく調子よく使えているとのことでした。

⑤術後1年2ヶ月 安定して機能しています。

ケース2

痛みと歯茎を押した時の違和感から根管治療を行いました、治療時にひびは見られず、症状が改善しないため手術を行なっています。

①当院根管治療後、症状は軽くなるものの完治しません。

③歯根端切除術直後(この時にひびが見つかりましたが、一通りの処置を終えています水色←部分がひびの部分です)

④術後1年 レントゲン上では黒い影がなくなり、治癒しています。症状もありません。今の所歯は問題なく機能しています。

 

 

この症例のように、改善した状態でしばらくは調子よく歯を使えているのなら、まだ抜きたくないという方もいらっしゃいます。

延命と思って、症状がない限りその歯をそのまま使って生活する、それはそれで一つの選択肢だと思います。

次に症状が出てきたら抜くけども、せっかくここまでやったのだから、延命でもいいからまだ抜きたくない、

歯の状態や今後起こりうるトラブル、抜かなかったために起こるデメリット、次にかかる費用等をしっかりご納得いただいた上でしたら、そのように使っていただいて構わないと思っています。

ただし、あくまで短期では良好な結果ですが、長期的にどれだけ持つかはわかりません。

上にかぶせるクラウンにはお金を欠けない安価なものをお薦めします

 

注:今回のように延命で残している歯は、治療の最終段階でひびが発覚し、患者様とお話の上保存しています。

ひびがあることが最初の段階で発覚する場合には、こういった延命処置はお受けしません。

 

歯根端切除術〜モダンテクニック〜

2017.07.26 | 根管治療, 歯根端切除術 |

 

こんにちは、李です。

しばらく根管治療系の記事を書いていなかったので、今回から数回に分けて顕微鏡を使った歯根端切除術についてお話ししていきます。

歯根端切除術は、通常の根管治療で根の中のお掃除をしても治らなかった場合に、次の一手として行う治療です。

残念ながら、一度細菌が住み着いてしまった根の中から完全に細菌をなくすことはできません。

殺菌が届かないところもありますし、殺菌が効きにくい細菌もいます。

そういった部分は主に根の先端3mmに多いと言われています。

 

顕微鏡を使った歯根端切除術は(モダンテクニックとも言われます)

根の先端をカットし、その断面を細菌の染め出しを行って観察します。

断面には治らない原因となる汚染部分が染まってきます。なので、その部分をさらに取り除いていきます。

この観察の部分が本当に大切です!!

ただ切っただけでは細菌を取り残していることも多く、治らない場合も多いのです。

 

 

歯根端切除術

切った根の断面の感染源を染めだしているところ

染めた根の断面を高倍率で観察しているところ、感染減、ヒビなどがないかをチェックします

 

 

手術したのに治らない場合

多くは再手術すると切断面がちゃんと切れてなかったり、汚染が残っています。

汚染してる部分は、止血をして、染め出しをして顕微鏡で高倍率で観察しないと、見落としてしまいます。肉眼では難しいと思います。

このことが、肉眼で行う手術と顕微鏡を使った歯根たん切除術(いわゆるモダンテクニックと言われる手術法)の成功率の差に大きく関係していると思います。

 

切断面の観察、顕微鏡手術用の小さな鏡で観察しています

 


私が手術をしていて思うことは、根管治療で治らなかった時に手術で直に根っこの表面や断面を見ると、そこに治らない原因が見えるので、とても納得します。これでは、根管治療だけで治らないはずだ、と納得でき
のです。

そして、ひどく汚染していて炎症の度合いが重症でも、大きな症状がなく日常生活が送れる人間の免疫力ってすごいな、と感心します。

また、それを切除して、汚染が残っていないか確認し、新たなお薬を詰めると、びっくりするほど治ります。

手術と聞くと、怖くて躊躇する患者様も多いのですが、

実際手術が終わると、思っていたほど大変じゃなかった、

症状がなくなり、思い切って手術を受けて良かったという方がほとんどです。

麻酔をしっかり効かせるので、術中はほとんど痛みはありませんし、腫れもピークは3日めくらいで1週間もすればほとんど気にならない程度です。

顕微鏡を使用した歯根端切除術(モダンテクニック)は、ご自身の歯を残すための最後の方法と言えます。

手術を行うことで、不快症状が改善されます。

手術を検討されている方は、肉眼で行う方法でなく、顕微鏡を使ったモダンテクニックでの手術をお勧めいたします。

 

 

2016年最後のご挨拶と2017年に向けて

2016.12.31 | 根管治療, お知らせ, 虫歯予防、歯周病予防 |

こんにちは、李です。

2016年も瞬く間に終わろうとしています。

今年もいろいろな方にお世話になりました。皆様ありがとうございます

何よりもご多忙の中、年々治療の予約が取りにくくなる状況でスケジュールを調整していただきながらLEE’S DENTAL CLINICに通院してくださった患者様に感謝申し上げます

 

毎年一年を振り返りながら最後のブログを書いていますが、一年が終わるスピードが年々早く感じます

LEE’S DENTAL CLINICは例年より少し早めに冬休みに入りました。

最後の診療日は皆で恒例の大掃除です。

 

掃除中の診療室

img_0392-1

散らかった机の上、窓掃除、床拭き、ワックスがけなど、毎年行います。

 

さて本題ですが、前回のブログで予防について少しお話ししました。

今年は予防について再考することが多い年でした。

LEE’S DENTAL CLINICにいらっしゃる患者様は、

 

自分の歯で一生食事がしたい

自分の歯をなるべく失いたくない

歯は健康の要であるので生涯自分の歯で過ごしたい 等、

 

お口の健康維持をとても重要視されています。

 

前回もお話しましたが、歯を失わないためには予防がいかに大切か、をひしひしと感じています。

 

根管治療を繰り返し、リーズデンタルクリニックに辿り着くころには歯が少なく、薄くなっている方が多いです。歯が薄いことだけは、どうにもなりません。患者様の強いご希望で無理に保存した場合、2~3年でひび割れが起こるケースも経験しています。

 

そんな状態になってしまっている歯の、もともとの原因は小さな虫歯です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-14-49-34

 

 

 

 

弱い、薄い歯はどうしても治療の費用対効果が悪くなる場合が多いため、抜歯が選択肢として上がってきます。そして抜歯をした後の治療の選択肢は、入れ歯、ブリッジ、インプラント治療になり、周りの歯を傷つけず、自分の歯のように噛めるインプラント治療を選択される方が多いです。

けれども、今年になって世界的にインプラント治療が見直されてきています。

 

 

インプラントより天然の歯の保存へ

インプラント治療はこれまで通り残せない歯の抜歯後の治療法として、とても良い治療法です。けれども、インプラントの方が長持ちするからという理由でまだ使える歯を安易に抜いて、インプラント治療を進める風潮は今後はなくなると思います。

***根管治療専門医は歯の保存を第一に考える種類の歯科医ですので、安易に抜歯は進めません。けれどもどうしても保存できない歯もあります。そういう歯のギリギリの所の判断ができるのも弱い歯の治療の経験が多い根管治療専門医ならではだと思います。逆に言うと根管治療専門医が残せないと判定した歯は、望みはないということです***

 

過去に行ったインプラント治療の予後調査が行われ、インプラント周囲炎の問題が多く報告されています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-31-12-46-08

 

スウェーデンで9年前にインプラント治療を受けた588名の予後調査を行い、そのうちの45%のインプラントが現在インプラント周囲炎になっているという2016年の報告は世界中に衝撃的を与えていると思います。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-31-12-45-25

 

いろいろ影響因子がありますので、この数字だけを見てインプラント治療にネガティブになってはいけませんし、インプラントも歯も、治療後のお手入れ、歯科医院でのメンテナンスをしっかりおこなえば大きな問題になることは少ないです。

 

けれども

健康な自分の歯で一生を過ごせるなら、それに越したことはありません。

誰でもそう思うと思います。

今後、世の中の流れとしては天然の歯をなるべく保存すること、健康な歯や、治療した歯の予防、メンテナンスなどがより重要視されてくると思います。

 

LEE’S DENTAL CLINICでの予防管理、メンテナンスのプログラム

 

患者様のお口の中の現状をご自身にもしっかり把握していただき、治療済みの歯はその歯がなるベく良い状態で長持ちできるようメンテナンス、無傷の天然の歯や、初期の虫歯は進行しないよう予防管理をするコンセプトで日々患者様にお話をしています。虫歯だけでなく、歯周病も予防は可能です。現在歯周病と診断されている歯も、これ以上進まないよう、現状維持をできれば抜歯を避けることができる場合もあります。

予防、メンテナンスで一番大切なことは、患者様自身の日々の歯のお手入れです。

きちんとした歯のお手入れ方法を習慣づけるためには、虫歯や歯周病の原因を知り、歯の周りの細菌性の汚れ(歯垢、プラーク)が、いかに取れにくいかを知ること。そしてしっかり取れるようにするには、どういうお手入れが必要か(このお手入れ方法は患者様それぞれによって異なります)を知っていただき、実践できるようにサポートすること、が予防管理のための一番のキーポイントなのです。

 

 

『虫歯予防、歯周病予防のための歯のお手入れ無料セミナー』

 

これまで、リーズデンタルクリニックで予防、メンテナンスをご希望される方は、上記の予防のお話をさせていただいていますし、セルフケアレッスンのプログラムを受けていらっしゃるので、皆様予防管理に取り組まれていて、良い状態を維持されています。

けれども、今まで予防の話をしっかり聞く機会がなかった、もっと早くこういった知識があれば、歯を失わずに済んだのに、、、とおっしゃる方が多いのです。

 

治療とは違って、予防のお話をする場合は、一度に複数の方に伝えることができます。知識があるだけで、日々のお手入れの取り組み方が変わることも多いです。より多くの方に正しい知識とお手入れ方法を知って欲しいと思っています。

そうすることで、歯が失われずにすむと願っています

 

その取り組みとしての第一歩が院内でおこなう『虫歯予防、歯のお手入れの無料セミナー』です。LEE’S DENTAL CLINICの患者様でなくても参加できるセミナーにする予定です。来年からは定期的にこの無料セミナーを行う予定です。

 

 

病気の歯を高い精度の治療で救うことも大切ですが、根本的に病気にならないようにする予防はもっと大切だと思います。

 

2017年は虫歯予防、歯周病予防についての正しい知識をいろいろな形で発信していきたいと思います

 

123...10...最後 >>