根管治療に関する記事を中心に、専門的ながら大切なことを治療例をまじえて、一般の方にもわかりやすく解説しています。
ありきたりな内容ではなく、欧米の論文を精読した内容をベースに信頼性のある有用な情報を発信するよう努めています。疑問に思ったことは徹底的にリサーチします。学会参加報告記や、お知らせ、プライベートのくだらないお話もごくたまに、綴っております。

歯根端切除術〜手術で根にひびが見つったらどうするか?〜

2017.08.19 | 根管治療, 歯根端切除術 |

こんにちは。李です。今日は歯根端切除術について、手術で根にひびが見つかるケースについてお話していきます。

 

根管治療を行っても治らない場合の原因の一つとして、根の表面に入ったひびがあります

 

根の内部にまでひびが達していれば、顕微鏡を見ながらの根管治療中にヒビを発見できる事もありますが、

まだ内部に到達してないようなひびは歯根端切除手術をして初めて発見される事も多いです。

根管治療をして、歯根端切除術まで行って、その時にひびがあった、となるととても残念な結果です。

根にひびがある限りその歯は予後不良なので、抜歯が第一の選択肢に上がってきます。

色々と手を尽くしたのに結局ダメだった、歯は残せなかったということになります。

けれども患者様にとっては、歯を残したい一心で歯を保存するための根管治療を受けていらっしゃいますので、

手術でひびが見つかったからすぐに歯を抜く、という決心がなかなかつかない方もいらっしゃいます。

 

私としては手術をせっかく行っていますので、根にひびを見つけた途端に手術をやめることはせず、そのひびの表面にくっついている感染した部分を染め出し、なるべく取り除きます。

そこをMTAで詰めて、通常の手術内容を一通り終えます。

その後患者様に動画でひびの存在と歯根端切除術で行った処置、ひびのせいで予後不良であること、抜歯について、また抜歯後にどういった治療があるかをご説明します。

患者様はしばらく様子を見ながら抜歯の時期を考えるという方と、すぐに抜歯をする方に分かれます。

というのは、

ひびがあっても、手術を行うとことで汚染部分を一旦取り除き、MTAで補修をするため、もともとお悩みだった腫れや痛み、その他の不快症状が劇的に改善します。

(あくまで一時的です)

 

以下に症例をご紹介します。

ケース1

過去に3回根管治療を繰り返し、治っては再発を1年おきに繰り返していたとう患者様です。

①治療前の初診時、歯肉に腫れもあります②当院根管治療後、症状は軽くなるものの完治しません。

③歯根端切除術直後(この時にひびが見つかりましたが、一通りの処置を終えています水色←部分がひびの部分です)

④術後半年 レントゲン上では黒い影がなくなり、治癒しています。症状もなく調子よく使えているとのことでした。

⑤術後1年2ヶ月 安定して機能しています。

ケース2

痛みと歯茎を押した時の違和感から根管治療を行いました、治療時にひびは見られず、症状が改善しないため手術を行なっています。

①当院根管治療後、症状は軽くなるものの完治しません。

③歯根端切除術直後(この時にひびが見つかりましたが、一通りの処置を終えています水色←部分がひびの部分です)

④術後1年 レントゲン上では黒い影がなくなり、治癒しています。症状もありません。今の所歯は問題なく機能しています。

 

 

この症例のように、改善した状態でしばらくは調子よく歯を使えているのなら、まだ抜きたくないという方もいらっしゃいます。

延命と思って、症状がない限りその歯をそのまま使って生活する、それはそれで一つの選択肢だと思います。

次に症状が出てきたら抜くけども、せっかくここまでやったのだから、延命でもいいからまだ抜きたくない、

歯の状態や今後起こりうるトラブル、抜かなかったために起こるデメリット、次にかかる費用等をしっかりご納得いただいた上でしたら、そのように使っていただいて構わないと思っています。

ただし、あくまで短期では良好な結果ですが、長期的にどれだけ持つかはわかりません。

上にかぶせるクラウンにはお金を欠けない安価なものをお薦めします

 

注:今回のように延命で残している歯は、治療の最終段階でひびが発覚し、患者様とお話の上保存しています。

ひびがあることが最初の段階で発覚する場合には、こういった延命処置はお受けしません。

 

歯根端切除術〜モダンテクニック〜

2017.07.26 | 根管治療, 歯根端切除術 |

 

こんにちは、李です。

しばらく根管治療系の記事を書いていなかったので、今回から数回に分けて顕微鏡を使った歯根端切除術についてお話ししていきます。

歯根端切除術は、通常の根管治療で根の中のお掃除をしても治らなかった場合に、次の一手として行う治療です。

残念ながら、一度細菌が住み着いてしまった根の中から完全に細菌をなくすことはできません。

殺菌が届かないところもありますし、殺菌が効きにくい細菌もいます。

そういった部分は主に根の先端3mmに多いと言われています。

 

顕微鏡を使った歯根端切除術は(モダンテクニックとも言われます)

根の先端をカットし、その断面を細菌の染め出しを行って観察します。

断面には治らない原因となる汚染部分が染まってきます。なので、その部分をさらに取り除いていきます。

この観察の部分が本当に大切です!!

ただ切っただけでは細菌を取り残していることも多く、治らない場合も多いのです。

 

 

歯根端切除術

切った根の断面の感染源を染めだしているところ

染めた根の断面を高倍率で観察しているところ、感染減、ヒビなどがないかをチェックします

 

 

手術したのに治らない場合

多くは再手術すると切断面がちゃんと切れてなかったり、汚染が残っています。

汚染してる部分は、止血をして、染め出しをして顕微鏡で高倍率で観察しないと、見落としてしまいます。肉眼では難しいと思います。

このことが、肉眼で行う手術と顕微鏡を使った歯根たん切除術(いわゆるモダンテクニックと言われる手術法)の成功率の差に大きく関係していると思います。

 

切断面の観察、顕微鏡手術用の小さな鏡で観察しています

 


私が手術をしていて思うことは、根管治療で治らなかった時に手術で直に根っこの表面や断面を見ると、そこに治らない原因が見えるので、とても納得します。これでは、根管治療だけで治らないはずだ、と納得でき
のです。

そして、ひどく汚染していて炎症の度合いが重症でも、大きな症状がなく日常生活が送れる人間の免疫力ってすごいな、と感心します。

また、それを切除して、汚染が残っていないか確認し、新たなお薬を詰めると、びっくりするほど治ります。

手術と聞くと、怖くて躊躇する患者様も多いのですが、

実際手術が終わると、思っていたほど大変じゃなかった、

症状がなくなり、思い切って手術を受けて良かったという方がほとんどです。

麻酔をしっかり効かせるので、術中はほとんど痛みはありませんし、腫れもピークは3日めくらいで1週間もすればほとんど気にならない程度です。

顕微鏡を使用した歯根端切除術(モダンテクニック)は、ご自身の歯を残すための最後の方法と言えます。

手術を行うことで、不快症状が改善されます。

手術を検討されている方は、肉眼で行う方法でなく、顕微鏡を使ったモダンテクニックでの手術をお勧めいたします。

 

 

2016年最後のご挨拶と2017年に向けて

2016.12.31 | 根管治療, お知らせ, 虫歯予防、歯周病予防 |

こんにちは、李です。

2016年も瞬く間に終わろうとしています。

今年もいろいろな方にお世話になりました。皆様ありがとうございます

何よりもご多忙の中、年々治療の予約が取りにくくなる状況でスケジュールを調整していただきながらLEE’S DENTAL CLINICに通院してくださった患者様に感謝申し上げます

 

毎年一年を振り返りながら最後のブログを書いていますが、一年が終わるスピードが年々早く感じます

LEE’S DENTAL CLINICは例年より少し早めに冬休みに入りました。

最後の診療日は皆で恒例の大掃除です。

 

掃除中の診療室

img_0392-1

散らかった机の上、窓掃除、床拭き、ワックスがけなど、毎年行います。

 

さて本題ですが、前回のブログで予防について少しお話ししました。

今年は予防について再考することが多い年でした。

LEE’S DENTAL CLINICにいらっしゃる患者様は、

 

自分の歯で一生食事がしたい

自分の歯をなるべく失いたくない

歯は健康の要であるので生涯自分の歯で過ごしたい 等、

 

お口の健康維持をとても重要視されています。

 

前回もお話しましたが、歯を失わないためには予防がいかに大切か、をひしひしと感じています。

 

根管治療を繰り返し、リーズデンタルクリニックに辿り着くころには歯が少なく、薄くなっている方が多いです。歯が薄いことだけは、どうにもなりません。患者様の強いご希望で無理に保存した場合、2~3年でひび割れが起こるケースも経験しています。

 

そんな状態になってしまっている歯の、もともとの原因は小さな虫歯です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-14-49-34

 

 

 

 

弱い、薄い歯はどうしても治療の費用対効果が悪くなる場合が多いため、抜歯が選択肢として上がってきます。そして抜歯をした後の治療の選択肢は、入れ歯、ブリッジ、インプラント治療になり、周りの歯を傷つけず、自分の歯のように噛めるインプラント治療を選択される方が多いです。

けれども、今年になって世界的にインプラント治療が見直されてきています。

 

 

インプラントより天然の歯の保存へ

インプラント治療はこれまで通り残せない歯の抜歯後の治療法として、とても良い治療法です。けれども、インプラントの方が長持ちするからという理由でまだ使える歯を安易に抜いて、インプラント治療を進める風潮は今後はなくなると思います。

***根管治療専門医は歯の保存を第一に考える種類の歯科医ですので、安易に抜歯は進めません。けれどもどうしても保存できない歯もあります。そういう歯のギリギリの所の判断ができるのも弱い歯の治療の経験が多い根管治療専門医ならではだと思います。逆に言うと根管治療専門医が残せないと判定した歯は、望みはないということです***

 

過去に行ったインプラント治療の予後調査が行われ、インプラント周囲炎の問題が多く報告されています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-31-12-46-08

 

スウェーデンで9年前にインプラント治療を受けた588名の予後調査を行い、そのうちの45%のインプラントが現在インプラント周囲炎になっているという2016年の報告は世界中に衝撃的を与えていると思います。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-31-12-45-25

 

いろいろ影響因子がありますので、この数字だけを見てインプラント治療にネガティブになってはいけませんし、インプラントも歯も、治療後のお手入れ、歯科医院でのメンテナンスをしっかりおこなえば大きな問題になることは少ないです。

 

けれども

健康な自分の歯で一生を過ごせるなら、それに越したことはありません。

誰でもそう思うと思います。

今後、世の中の流れとしては天然の歯をなるべく保存すること、健康な歯や、治療した歯の予防、メンテナンスなどがより重要視されてくると思います。

 

LEE’S DENTAL CLINICでの予防管理、メンテナンスのプログラム

 

患者様のお口の中の現状をご自身にもしっかり把握していただき、治療済みの歯はその歯がなるベく良い状態で長持ちできるようメンテナンス、無傷の天然の歯や、初期の虫歯は進行しないよう予防管理をするコンセプトで日々患者様にお話をしています。虫歯だけでなく、歯周病も予防は可能です。現在歯周病と診断されている歯も、これ以上進まないよう、現状維持をできれば抜歯を避けることができる場合もあります。

予防、メンテナンスで一番大切なことは、患者様自身の日々の歯のお手入れです。

きちんとした歯のお手入れ方法を習慣づけるためには、虫歯や歯周病の原因を知り、歯の周りの細菌性の汚れ(歯垢、プラーク)が、いかに取れにくいかを知ること。そしてしっかり取れるようにするには、どういうお手入れが必要か(このお手入れ方法は患者様それぞれによって異なります)を知っていただき、実践できるようにサポートすること、が予防管理のための一番のキーポイントなのです。

 

 

『虫歯予防、歯周病予防のための歯のお手入れ無料セミナー』

 

これまで、リーズデンタルクリニックで予防、メンテナンスをご希望される方は、上記の予防のお話をさせていただいていますし、セルフケアレッスンのプログラムを受けていらっしゃるので、皆様予防管理に取り組まれていて、良い状態を維持されています。

けれども、今まで予防の話をしっかり聞く機会がなかった、もっと早くこういった知識があれば、歯を失わずに済んだのに、、、とおっしゃる方が多いのです。

 

治療とは違って、予防のお話をする場合は、一度に複数の方に伝えることができます。知識があるだけで、日々のお手入れの取り組み方が変わることも多いです。より多くの方に正しい知識とお手入れ方法を知って欲しいと思っています。

そうすることで、歯が失われずにすむと願っています

 

その取り組みとしての第一歩が院内でおこなう『虫歯予防、歯のお手入れの無料セミナー』です。LEE’S DENTAL CLINICの患者様でなくても参加できるセミナーにする予定です。来年からは定期的にこの無料セミナーを行う予定です。

 

 

病気の歯を高い精度の治療で救うことも大切ですが、根本的に病気にならないようにする予防はもっと大切だと思います。

 

2017年は虫歯予防、歯周病予防についての正しい知識をいろいろな形で発信していきたいと思います

 

レジンコア、ファイバーコアの除去

2016.09.04 | 根管治療, コアの治療の重要性, コア除去, 根管治療の前処置 |

こんにちは。李です。今日はレジンコア、ファイバーコアの除去のお話です。

前回のメタルコアの除去の続きとなります。

 

レジンコア、ファイバーコアの除去とメタルコアの除去はどちらが難しいか?

歯科医によって回答は様々だと思いますし、ポストの深さによっても異なりますが、私はレジンコア、とりわけ深くまで入っているファイバーコアの除去が難しいと思います。

その理由は二つ、材質の色の問題と接着システムの問題です。

 

メタルコアは金属の色をしているので歯との境界が一目瞭然です。

また、メタルコアを歯に装着する際に使っている接着剤は合着という概念の接着剤(歯と化学的に接着するタイプの接着剤ではありません)を使用するのが一般的で、このタイプの接着剤は、歯との境界がわかりやすく、超音波の振動で外れやすいのです。

 

一方、レジンコア、ファイバーコアの除去は素材が歯の色に似ているのも難しい要因の一つですが、接着剤が歯と化学的に接着するシステムを使うことが特徴になっています。

歯と化学的に接着するということ、これはものすごく簡単にご説明しますと、歯と完全にくっついているため歯と接着の部分との界面(境界)がわかりにくいということなのです。

ですから化学的接着を使った接着システムはゆるむことも、外れることもありません(欠けることはあります)。

ただし、この接着操作は細心の注意が必要で、きちんとした操作の手順を守らない場合は失敗することも多いです。

マイクロスコープの拡大視野で歯の表面を見ないと、歯の表面がよごれていたり、以前の接着剤の一部がこびりついて残っていたりすることを見逃しやすく、そういったものの上から接着操作をしてもうまく接着しません

 

症例をお見せしながらご説明します。

 

例えば下の写真は当院で根管充填後直接法でレジンコアを築造している写真です。

根管充填直後、根管充填に使う薬剤がベタベタと歯にくっついています。これを取らずにそのまま接着操作をおこなうと、その部分は歯と接着しないのです。

注:唾液や血液が歯の表面についているのは論外です

DSC02338

 

歯の表面から接着を阻害するものを取り去ったところ

DSC02339

 

接着システムを使いレジンコアを流しいれたところ。こうすることで、接着の素材は歯の全部の表面と化学的にくっつくという考え方なのです。

DSC02340

 

もしも、ファイバーコアがしょっちゅうはずれるようなことがあるならば、それは接着がうまくいっていないか、または化学的に接着する接着剤を使っていない、ということが考えられます。

レジンコアやファイバーコアが入っていても歯としっかり接着していない場合は、簡単に剥がれます。接着がうまくいっている場合は、境界がわからずに慎重になり安全にはがすのがとても難しいです

 

**メタルコアでも、歯と化学的に接着する接着剤が使われているケースがあります。その場合、メタルの部分はわかりやすくはずすことができても、その下の接着剤の層をはずすことが非常に大変で一苦労です。

境界がわかりにくいと、歯を余分に削ってしまうリスクもより高くなるため、削りながら何度も確かめないといけません。慎重になればなるほど時間がかかります。

では、以下に当院でのレジンコア、ファイバーコアの除去の様子を症例写真を見ながら、どういうところに気をつけながらおこなっていくのか、をご説明していきます。

 

 

ファイバーコア除去の一例

 

  ①仮歯ををはがしているところ。②ファイバーコアが装着されているけれど、歯が少なく、削っても歯が見えてきません。

DSC00540

DSC00549

 

ようやく歯が透けてみえてきたところ。(歯の質は変色して茶褐色をしています)

③

虫歯の染め出しをおこなうと、境界がわかりやすくなることが多いです。まだだいぶ接着の素材が歯にこびりついています(青→

DSC00553

やっと一部歯が露出したところ(赤点線部)

DSC00561

境界をわかりやすくするため、染め出したところ。(赤→から奥はまだファイバーコアの素材です)

DSC00564

 

このように、なるべく健康な歯は傷つけず、コアの素材だけをはがせるように注意をして処置をおこないます。ファイバーコアの場合、ポストが深ければ深いほど、マイクロスコープの光も届きにくく、歯なのか、接着の素材なのかの区別が難しいです。

しっかり剥がせず、素材が歯にくっついたまま残っていると、その部分は根管治療での殺菌も届かないことになります。剥がそうと攻めの姿勢で臨むと削りすぎる恐れもあります、かといって控えめにすると残ってしまいます、非常に難しいです。

 

メタルコアでも接着材除去が難しかったケース

 

以下の症例はいわゆる差し歯が何度もはずれているというお悩みのケースです。外れるたび、以前の接着剤が完全に取れない状態で新たに装着されているのでタイプの違う接着剤が層状に歯にくっついていました。

 

メタルコア(赤→)が装着されています、合着タイプのセメント(オレンジ点線部)が歯にくっついています

DSC01116

 

メタルコアを除去すると、スーパーボンドという歯と強力にくっつく接着剤で歯の表面がおおわれていることがわかりました(青点線部:透明なので一見は歯かと思いますが、この時点で歯の表面はまだでていません)。

DSC01117

 

合着用のセメントを剥がしてもその下にもまだスーパーボンドで覆われている状態(青点線部はすべてスーパーボンドで覆われているところ)

DSC01118

 

 歯とスーパーボンドが識別しやすいように染め出しながら超音波の熱で剥がしているところ。歯の表面がやっと一部見えてきました(赤点線部

DSC01120

 

このように、レジンコア、ファイバーコアは歯と化学的に接着する接着剤を使用するため、接着がうまくいっている場合は剥がすことがとても難しく、

慎重に行わねばならず、時間がかかります。

度重なる根管治療で歯が薄くなっている場合は少しでも健康な歯の部分を削りたくないですよね。

コアの除去は軽く考えられがちですが、慎重におこなわないといけない大切な治療ステップなのです。

 

コアの除去にかかる費用

深いメタルコア、硬い素材のメタルコア、レジンコア、ファイバーコアを安全にはずそうとする場合は難易度が高くなり時間がかかります。

通常のコア除去の2倍3倍と時間がかかるケースもあるため、リーズデンタルクリニックではコアの除去費用は¥10000〜¥20000+消費税と幅があります。

レントゲン検査である程度予測はできますが、実際に治療をおこなってみないとわからない場合が多いです。

メタルコアの除去

2016.08.23 | 根管治療, コア除去, 根管治療の前処置 |

こんにちは。李です。

今日はメタルコアの除去、長くて太いメタルポストの除去についてお話していこうと思います。

以前のブログでコアの治療についていろいろお話してきましたが、コア除去についてしっかりお話するのは初めてです。

今回は多くの患者様の根管治療歯に装着されている メタルコア の除去にスポットを当てていきます。

(次回はレジンコア、ファイバーコア除去についてお話ししますね)

さて、再治療で根管治療をおこなう場合、根管にアプローチするためにはコアを外さないといけません。

このコアの除去は根管治療とは切っても切れない大切な処置ですが、患者様は根管治療の方に意識がいっていて、このコア除去の治療についてはあまり注目されていないことが多い様です。

今日はQ&A方式でご説明していこうと思います。

 

コアの除去は簡単な処置なのか?

YesともNoとも言えます。

入っているコアの材料の種類、コアの大きさや深さ、接着剤の種類などによります。

コアが緩んでいる場合などは、すぐに取れることもあります(こういう場合はほとんどひどく虫歯になっているケースが多いです)

逆にぴったりと歯にあったメタルコアは浅くてもはずれにくいことが多いです。

根管の中に深くメタルポストが入っている場合は外すことが危険と判断される場合も多いです。

深いメタルポストははずす時に方向を誤り歯を削ってしまうリスク、根管に穴が開いてしまう(パーフォレーション)リスクもあります。

太く長いメタルポストの除去は安全におこなうためにマイクロスコープの使用は必須ですし、歯科医の経験値も重要なポイントだと思います。

 

メタルコアの除去方法

メタル素材のコアやポストの場合、一番早くはずせる方法は、コアと歯の境目に切り込みを入れて、その隙間に器具を差し込み梃子のように力をかけてはずす方法です。
(専用のペンチの様な器具があります)

この方法は、歯に力がかかるため、歯に薄い部分があると、パキっと割れることがあります。

コアが入っている歯は、歯が薄くなっていることが多いためなるべくこの方法は採用しない方が良いと私は思っています。

 

歯を痛めないメタルコアの除去の方法は?

時間とコストがかかる方法ですが、私は以下の①と②を組み合わせた方法が一番安全だと思っています。

①超音波の細かな振動でゆらしながら取る方法

②削り取る方法

①だけですと、がっちり深く入ったメタルコアはびくともしません。

②の削り取る方法を取り入れ、メタルの部分を削って、歯とメタルの境目に超音波のチップを当てて振動を与えながらはがす、という工程を何度も繰り返します。

 

メタルを削るための器具は、すぐに切れなくなります。切れ味が悪いまま使うとぐっと歯に圧力をかけて切削してしまいます。

歯に圧力をかけないフェザータッチの切削で削るためにはかならず毎回新品の切削用バーを使用します。

金属が硬い場合などは、新品の切削バーを5〜6本使用する場合もあります。

*こういった方法を採用できるのは自由診療ならではです。

保険診療ではこのようにコストと時間をかけてコア除去を行っていたら大幅な赤字となってしまいます

 

メタルコアを削り取る場合、歯を削ってしまう危険はないのでしょうか?

慎重に、歯を削らないように、金属だけを削るように意識をしながらおこなえば大丈夫なのですが、根管の中のポスト部分が深くなるほど歯を削ってしまうリスクが高くなります。

ポストの深いケースでは必ずマイクロスコープを使用して細心の注意を払って確認しながらおこなう必要があります。

以下に症例をみながらご説明します。

 

比較的浅く難易度の低いメタルコア除去

 

メタルコアが装着されている歯です。金属は黒いのでこの時点でまちがって歯を削る、なんてことは素人でもありえないでしょう。

上でご説明した、削る方法と超音波の振動で揺らす方法、両方おこないながら処置をおこないます。

メタルコアの除去 マイクロスコープ使う

 

上のメタルコアを除去していくと、根管にささったメタルポストの部分がでてきます。

メタルコアの除去 途中で何度も確認する

 

横から見たところ、こんなに歯が少ないので少しでも健康な歯を削りたくありません。

メタルコアの除去 歯を傷つけないために

 

メタルポストの部分を外している途中、ここで大切なのは、削る切削バーの直径がコアの直径より小さいものを選ぶことです。

ど真ん中を削れば、下の写真のようにメタルポストだけが削れて歯が削れる心配はありません。この状態で超音波振動を与えれば、すぐにポロっととれてきます。

 

メタルコアの除去、細い器具を使う

 

マイクロスコープを使用しながら別の症例でメタルコアを削っているところ。メタルよりも切削バーの直径が小さいので周りの歯はけずれません。

DSC01387DSC01388

 

 

コアの除去にかかる費用

深いメタルコア、硬い素材のメタルコアを安全にはずそうとする場合、また、次回お話しする予定のレジンコア、ファイバーコアはメタル以上に難易度が高くなり時間がかかります。

通常のコア除去の2倍3倍と時間がかかるケースもあるため、リーズデンタルクリニックではコアの除去費用は¥10000〜¥20000+消費税と幅があります。

レントゲン検査である程度予測はできますが、実際に治療をおこなってみないとわからない場合が多いです。

123...10...最後 >>