根管治療に関する記事を中心に、専門的ながら大切なことを治療例をまじえて、一般の方にもわかりやすく解説しています。
ありきたりな内容ではなく、欧米の論文を精読した内容をベースに信頼性のある有用な情報を発信するよう努めています。疑問に思ったことは徹底的にリサーチします。学会参加報告記や、お知らせ、プライベートのくだらないお話もごくたまに、綴っております。

ムータンと過ごした1週間

2012.12.17 | ペット |

こんにちは。李です。気がついたら年末までほぼ2週間ですね。
今年もあっという間でした。皆様にとって2012年はどんな1年でしたでしょうか?
私にとっては、厄年なだけあっていろいろな転機が訪れた年でした。
転機が訪れて、通り過ぎるまではいろいろ辛いこともありましたが、今はとっても元気です
それにしても今日は本当に寒いですね

さて、このブログも来年の2月でまる2年続いたことになります。
はじめた頃は、まさか自分がこんなに長くブログというものを継続できるとは思っていませんでした(マメな性格ではないので)。
でもブログを書いていると、いろいろ調べたりと自分も勉強になることも多く、ありがたいことにコメントをいただいたり、患者様からブログ見ましたよ、なんて言って頂くと嬉しくなり、こんなに続いたんだなあと思います。
次回は記念すべき100回目になりますので、何か有用な情報を発信できればと、今内容を考え中です。

今日はまたプライベートのお話で申し訳ないのですが、以前このブログで紹介した実家のミニチュアシュナウザーのムータンを1週間預かったので、ムータンのお話をさせていただきます。
以前紹介したときはまだ子犬だったムータンは、1歳をすぎ、やんちゃで可愛くすくすくと育っています。
見た目はまだまだ子犬ちゃんです。

mu2.jpg

ムーはお散歩が大好きなので、私の家に預かるときは朝夜2回かならずお散歩にいきます。
仕事の日はお留守番の時間が長くなるので夜はめいいっぱいお散歩です。
お散歩をしていると、同年代の犬連れの女性と立ち話をしたりします。
朝はいつもより30分早めにおきてお散歩にいきます。
この時期の朝6時、まだ暗いのですが朝焼けが本当に綺麗なんです
30分の早起きで、いつもは見ることができない朝焼けを見て得した気分になります

仕事がお休みの日は、なるべく長い時間一緒です。ここのところ、たまっているまだ読んでいない論文や本などを家で読みながらムーと遊びます。
このように書いていると、休みの日も仕事をしていて偉そうな感じに思えますが休みの日にゆったりと過ごすこういう時間はとてもリラックスできるのです。
読みながらも、ちょこちょことお菓子を食べたりコーヒーを飲んだり、結構楽しめています。

ムータンをひざの上にのせて、お勉強しているところです。

mu3.jpg

ムータンは先週金曜日の夜に実家に帰ってしまいました。
早く私も自分の犬が欲しいのですが、お留守番が長くなってしまうと可哀想でなかなか飼う決心がつきません。
こうやって、たまにムータンを預かって、わんこライフをエンジョイするのがちょうど良いのかもしれません

愛犬家の方に知っていただきたいこと/ イギリスBBC制作『続・犬たちの悲鳴 告発から3年』

2012.08.31 | ペット, 未分類 |

こんにちは。李です。
8月最後の日になりましたね。
今月は更新がまめにできず反省です

それにしても暑くて暑くてどうしようもないです
昨日なんかは、ふらふらして気分が悪くなるほどでした。
皆様は大丈夫でしょうか?
秋の涼しさが待ち遠しいです。

さて、先週実家に帰った時に父から『BSでやってた犬の番組を録画してあるよ』といわれ早速見てみました。
その番組は
BS世界のドキュメンタリー シリーズ 動物と人間社会 「続・犬たちの悲鳴 告発から3年」
というタイトルでイギリスのBBCが制作した番組でした。

http://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2012041252SC000/index.html

とてもショッキングな内容でしたが、ぜひとも愛犬家の方には見ていただきたい内容です。
ブリーダーやドッグショーにまつわる業界内部の問題を告発しています。
愛犬家の国のイギリスですらこんな状態、規制のゆるい日本などはもっとひどい現状なのだと思います。
個人の利益ばかり追求し、犬やその犬を家族に迎えた人々のことなど考えていない、人間の身勝手さが嫌になります。
こういった問題がどんどん明らかになって、動物たちの利益を考える社会になるために多くのかたに知っていただきたいです。

お金を払わないと見れないようになっていますが、ぜひ見てみてください。

ムータンの成長日記 ~犬について思うこと~

2012.03.28 | ペット |

こんにちわ。やっと春らしく暖かくなって来ましたね
最近、以前よりコメントをいただけることが多く、嬉しいです。
自分で思っているよりも多くの方にこのブログを見ていただけているんだなあと思うと、やる気がでてきます

今日は、最近難しい歯のお話が続きましたので違う話題にしようと思います。
以前このブログでも紹介しました我が家の二代目、ミニチュアシュナウザーのムータンが、
あっという間に10ヶ月になりだいぶ大きくなりました。

以前のブログは
http://leesdentalclinic.blog55.fc2.com/blog-entry-40.html

こんなに大きくなったムータンですが、ミニチュアシュナウザーとしては小さめで6kg弱です。
(Mシュナは8~9kgが一般的です)
IMG_0066_convert_20120327163322.jpg

我が家で3匹目のシュナウザーですが、一緒に生活をしていると犬にもいろいろな性格、個性、表情などがあり、とてもおもしろいです。
赤ちゃん犬のときは、ただやんちゃで甘えん坊で落ち着きのない子でしたが、最近独自のキャラと存在感、自己主張などもでてきています。家族のなかでも、順位付けをしはじめて、相手によって態度を変えます。
もともとの性格は陽気で、人が大好き、甘えん坊、遊ぶの大好き!というラテン気質なムータンです。
いつもは表情も嬉しそうでごきげんですが、怒られるとムスッとふてくされたようなこわばった表情にもなります。

犬と暮らす前は、犬がこんなに人間的で自己主張があって、表情まで変るとは思っていませんでした
現在長生きしている我が家の最初のシュナウザーのベック17歳はムータンとは正反対の性格で、慎重でひとみしり、神経質、はげしい自己主張と気難しい性格でした。でもとても気品にあふれた立派なシュナウザーでした(今は老いぼれてしまい、ヨロヨロしてますが元気です
頭がものすご~く良くて、気難しい性格なのでしつけをするのに母がかなり手を焼いていました。
気に入らないことがあるとすぐに、オシッコをひっかけるので今は当たり前のように売っているペット用の穴あきおむつも、当時は赤ちゃん用に穴をあけてお手製で作っていました

二匹目のロッテをなくした時に、次に犬を飼うときは絶対にペットショップでは買わないで捨てられてしまった不幸な犬を里親としてひきとろうと思っていたのですが、ムータンと運命の出会いをしてしまい、結局は買うことになりました。

こんなに感情豊で人間が大好きな動物が、捨てられて見知らぬ施設で不安で寂しい思いをしながら殺処分されることを思うと胸が痛いです。
そんな動物たちを保護センターから引き取り、里親探しをおこなっているボランティアの方達がたくさんいらっしゃいます。数年前からそういった方達のブログを読むようになり、日本のペット業界の問題点もいろいろわかりました。
不幸な動物を少しでも減らすためには、法律やシステム、犬を飼う人たちの意識改革が必要です。
先進国では、日本のようなペットの生体販売は虐待とみなされ禁止されているということはご存知ですか?

悲惨な記事が多く、ショッキングな内容もありますが
ご興味ある方は『ペット 生体販売』などのキーワードで検索してみてください。

不幸な思いをした保護犬たちは、不幸を知らない犬よりもよりいろんな意味でケアが必要になります。
私は現在はフルタイムで仕事をしているので、犬と長い時間一緒に過ごす時間をとれません。
できることは寄付くらいですが、50、60代になったころに、こういった保護活動に携わっていきたいと考えております

抱っこされて、お腹をなでられるのが大好きなムータン
IMG_0062_convert_20120327180358.jpg

クリニックにセラピー犬があらわれる!!

2012.02.14 | ペット |

こんにちわ。李です。
週末の大阪での専門医試験、実技試験、口頭試問、無事に合格することができました
今回は準備不足で、落第するかと思いました
ひとまずはホッとしています

さて、先程リーズデンタルクリニックの向かい側の通りに、大きな白い二匹のわんこちゃんがいて、この辺でみかけない子たちだな~、と思ってジロジロみていました。
そしたら、犬を連れていた男性が私に気付き、クリニックの前に来てくださいました。

サモエド犬の兄弟です!こんなに大きくてフワッフワで、大人しくてすごく良い子
たまたま空いている時間でしたので、写真をとらせてもらいました。

IMG_0043_convert_20120214163117.jpg

IMG_0045_convert_20120214163037.jpg

お向かいのビルの3階の病院のセラピードッグだそうです。院長先生までおいで下さり、名刺とハガキもいただきました。

IMG_0049_convert_20120214163142.jpg

なんでも、国連で唯一2匹だけ正式に認められているセラピードッグだそうです。
これから東北の大船戸市に、被災者の方々を励ましにいくところだそうです。
勝手に調べてみたところ、このエルシド君とロレンス君、すごく活躍している見たいです

http://hahacoco.org/therapydog.html

動物には本当に人の心を癒す力がありますよね

多くの方に知っていただきたい事。

2012.02.09 | お知らせ, ペット |

いつも読んでいる愛犬家の 方のブログからいただいてきました。
なるべく多くの 方に見ていただきたいです。

12