LEE'S ブログ

LEE'S ブログ

根管治療に関する記事を中心に、専門的ながら大切なことを治療例をまじえて、一般の方にもわかりやすく解説しています。
ありきたりな内容ではなく、欧米の論文を精読した内容をベースに信頼性のある有用な情報を発信するよう努めています。疑問に思ったことは徹底的にリサーチします。学会参加報告記や、お知らせ、プライベートのくだらないお話もごくたまに、綴っております。

今回の大地震で

こんばんわ。李です。

金曜日の地震から、4日が経ちました。
金曜日はただただビックリして、電話も通じず、電車も止まってしまい混乱していました。
多くの方が会社に泊まったり、何時間も歩いて帰宅されたりと大変な夜でしたね。
土曜日、日曜日と報道で東北地域の今回の地震の被害を知り胸が痛くなります。

今すぐ何かできることは節電、募金ですよね。
募金は日本赤十字社、yahoo japan を通して行ないました。
節電は、自宅、医院共におこなっています。

しばらくは停電や交通機関の影響で診療時間が変更になる場合があるかと思います。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

治療後のメンテナンスの重要性

皆様こんばんわ!
LEE`S DENTAL CLINICは来月で一周年を迎えます。早いですね。
この時期に来て、長く通っていただいていた患者さんの治療が終了し、そろそろメンテナンスに移行する方々がいらっしゃいます。

今まで歯医者さんに通っていて、治療終了後のメンテナンスに通うということがあまりピンとこない方もいらっしゃると思います。
でも、治療後のメンテナンスこそが良い状態を維持するのにとても大切なんです。
治療が終わったら、それでおしましい!、は最悪です。
車に例えるとわかりやすいかもしれませんね。
まめにメンテナンスを行なうほど、良いコンディションで長持ちしますよね。

さて、メンテナンスといってもいったい何をするの?とお思いだと思います。
具体的には、
●セルフケアのチェック
●予防のためのクリーニング
●治療した部分のチェック
 ①フロスでひっかかるところがでてきてないかどうか、
 ②噛み合せのチェッック(非常に重要!!)
これは結構重要です。お口の中に、天然の歯のエナメル質、金属、プラスチック、セラミックなど、異なる材質のものが同居している場合、それぞれ硬さなどの物性が違います。
噛むことで、歯は日々少づつすり減ってくるのですが、すり減りの度合いが材質ごとにそれぞれ違うため治療直後は全体的に均等に調整された歯と歯の当たり度合いが、1年後、2年後時間の経過とともに変化します(変化の度合いは人それぞれです。歯ぎしりが多い方や、噛む位置が不安定な方の方がそういったことが起こりやすいです)。強い当たりがでてきてしまい、そのまま気づかず放置すると、その部分の歯に負担がかかり病的な問題をひきおこしたり、欠けや割れたりの原因になります。
●新しい虫歯ができていないかの検診
●削らずに経過観察している虫歯が大きくなっていないか
●歯茎に炎症がないかのチェック
などです。

その他に1-2年ごとにレントゲン検査や、歯周病の精密検査も行なっていきます。
治療時のものと比べて経過を追えるので、特に経過観察中の歯が、維持できているのか、悪くなっているのかの判断ができます。
定期的な健康診断と同じような感覚ですね。
ご自分で気になっているところは特に気なる思うので、体の健康の数値と同じく、『私の経過観察中の初期虫歯は大きくなってないかしら??』などと毎年心配してもらえると嬉しいです。

リーズデンタルクリニックでは、メンテナンス専用の診療録があり治療した歯や要チェックだった部分を(初期虫歯の状態、虫歯の深さやその時の状況など、フロスが苦手な部分、いつも磨きづらいところ、はぎしり、食いしばりの状況など)詳しく記録し、メンテ時に見逃さないようにしています。

同じ歯科医院にずっと通うというのは、そういった過去のデータをもとにメンテナンスを行なっていけるのが最大のメリットだと思います。

これからどんどんメンテナンスの患者様が増えると嬉しいです。
自分が行なった治療の経過を追えますし、ずっと良い状態を維持していただきたいと思います。
長く通っていただき、仲良くなった患者さまに定期的にお会いできるのも楽しみです。

今日は歯ネタではありません。日々の健康管理について

李です。

今日は久しぶりに何も予定がない日曜日です。
お天気も良いので午後は近所の川までウォーキング&ジョギングにいってこようと思っています。

皆さん、健康管理や体型キープのために定期的に運動されてますか?
LEE`S DENTAL CLINIC にいらしている患者様は皆さん美食家&お酒好きの方が多いようで、治療の合間に美味しいレストランのお話、お酒のお話をすることが多いです。
食を楽しみ、お口の健康への意識も高い、となれば体の健康への意識も高いことと思います。

私はものすごく食いしん坊なので、体型キープのために運動は欠かせません(食事で痩せよう、などとはこれっぽっちも思いません)。
2.3年前まではスポーツジムに2~3回/週通っていましたが、手軽にできる運動としてお家でヨガをしたりもしました。
でも、この1年はクリニックをオープンして生活が変化し、不規則になったり忙しくなったため、定期的に運動ができていないのです。
たまに仕事の帰りに田町→東京を歩いて帰ります(日比谷通りをずっとまっすぐです)。
なかなか良い運動になりますが、疲れているとくじけてしまい途中で地下鉄にのってしまいます。

そんな中、今週木曜日に皇居ランデビューをすることになりました。
母親に誘われて二人で走ってきます。
これから暖かくなる季節、積極的に体を動かそうと思います。

妊娠中って虫歯になりやすい??

こんばんわ。李です。
今日は女の子の日、ひなまつりでしたがものすごく寒かったですね。
皆さん風邪は大丈夫ですか?気温の差が激しいので、体調管理を気をつけましょうね。
体の健康、心の健康は基本中の基本です!

さて、今日は妊娠中の虫歯予防についてのお話です。
以前患者さんから『妊娠中は、お腹の中の赤ちゃんにカルシウムを取られて歯が弱くなり、虫歯になりやすくなるって聞いた事があるけど本当ですか?』と聞かれた事があります。
調べてみたところ、これには全く根拠はないようです。
カルシウム不足で成人の歯が弱くなる事は無く、むしろ骨粗鬆症の方が起こりやすいということでした。

妊娠中でも、通常通りの歯のケアを行なっていれば虫歯の心配はありません。
ただ、つわりがひどく、歯ブラシを口に入れるだけで気分が悪くなり、歯磨きが十分にできないような場合は虫歯になる恐れがあります。そういう時期はマウスウォッシュでこまめなうがいを心がけたり、なるべく砂糖の入った食べ物を摂らないなどで気をつけましょう。

妊娠中ではありませんが、育児中の友人からの体験談で、なるほど!と思った事があります。
それは子供を寝かしつけている時に、慣れない育児で疲れていてそのまま一緒に眠ってしまい、夜の歯磨きができないことが多かったということでした。
彼女はそのために新たな虫歯を作ってしまったようです。
夜の歯磨きの重要性は、以前のブログでお話しましたよね。
毎日のセルフケア(特に夜!)がいかに大切かと、思い知らされました。
現在彼女は予防にとても熱心で、フロスや4ヶ月おきのPMTCを欠かしません。
子育ての経験があってはじめて語れる貴重な体験談をありがとう!O.Mさん!

女性の皆様へ お肌のケアと歯のケア

女性の皆様、お肌のケアと歯のケアってちょっと似てると思いませんか?
前々回のブログで『夜の歯磨きと朝の歯磨きどちらが大事か』ということをお話しましたが、
考えてみるとお肌のお手入れや使う化粧品も、朝と夜で若干違ったりしますよね?
週に一度のスペシャルケアとか、3ヶ月に一度のエステとか。
歯のお手入れも朝のケア、夜のケアで内容が違いますし、より健康的に綺麗にと、予防のために3ヶ月おきのクリーニングを行なったりもしますし、似ているところが多いと思います。
お肌のお手入れの感覚で楽しみながら歯のケアもしていただけると、とても嬉しいです。
最近はいろいろなデンタルケア製品が売られてますし、歯磨き粉も味や香りのバリエーションが豊富になりました。
つるつるの白い歯って、とても気持ちいいものですからね!

さて、ここで私流の夜の歯のケアをご紹介します。
夜の歯磨きが一番重要だということで、夜はフルコースで行なっています。
夜のお手入れはフルコースで、音波電動歯ブラシ(ソニッケアー)→システマでバス法→デンタルフロス(フロスは最初にやってもかまいません)で仕上げます。

http://www.sonicare.jp/

DENT.EX systema (歯科医院専売システマ歯ブラシ)

だからといって、私はいつも朝昼の歯磨きをしていないわけではありません。
さっぱりしたいので、朝も昼も必ず歯磨きします。
でも腰を据えて徹底的にお手入れするのは夜だけです。
ソニケアを省いてシステマ&フロスのみで手抜きををする時もありますが、翌朝の歯のつるつる感が全然ちがうんです。
そんな時はやっぱりソニッケアーの威力はすごい!!と思います。
皆さんもいろいろな製品を試してみて、これだ!と思うアイテムを見つけてみてくださいね!

...102030...454647...

ご予約

診療時間: 10:00~13:00 / 14:30~18:00
9:00~15:00(水曜日)

※時間外診療ご希望の場合料金別途にて承っております。
※休診日はカレンダーをご確認ください。

根管治療、自由診療専門歯科医院
リーズデンタルクリニック

東京都中央区日本橋3-8-10 島崎ビル2階
03-6262-1045
info@leesdentalclinic.com

トップ