根管治療に関する記事を中心に、専門的ながら大切なことを治療例をまじえて、一般の方にもわかりやすく解説しています。
ありきたりな内容ではなく、欧米の論文を精読した内容をベースに信頼性のある有用な情報を発信するよう努めています。疑問に思ったことは徹底的にリサーチします。学会参加報告記や、お知らせ、プライベートのくだらないお話もごくたまに、綴っております。

出雲大社に行ってきました

2012.12.05 | プライベート |

こんにちは!李です。
ついに12月に突入しましたね。気温も下がり、冬らしい気候になってきました
体調管理、気を付けましょうね!

さて、私事ですが先週木曜日に出雲大社に行ってきました。
木曜日の朝6:50羽田発、金曜日朝8:00羽田着という、ハードなスケジュールでした
今回の目的は鳥取でいただく松葉ガニと出雲大社でした。
仲良くしていただいている先輩の美人女医、鳥取のK先生からカニを食べにおいでよと、以前から誘っていただいていたのです。

K先生は朝車で米子空港に迎えに来て下さり、米子から出雲大社、そしてまた引き返して、宍道湖を見ながら鳥取方面へ、そして夜のメインイベント、賀露港でのカニディナーという、長距離をずっと運転していただきました。
K先生、ありがとうございました

はじめての出雲大社、縁結びで有名なパワースポットだそうです
残念ながら現在改築のため工事をしていて本殿を見ることができませんでしたが、
この時期は全国の神様が出雲大社に集まる神在月という時期だそうで、よりご利益がありそう(?)な感じが嬉しかったです。

ものすごく大きなしめ縄と、おみくじがびっしりとくっついた大木が印象的でした。
写真がこちらです。

nawa_convert_20121205105059.jpg

iumo_convert_20121205111149.jpg

今回、せっかくはるばるやってきたのだから、ということで生まれてはじめて祈祷していただくことになりました。
何を目的で祈祷していただいたかは秘密です

出雲大社を後にして、ランチには割子そばをいただき、いざ鳥取方面へ。
いろいろ寄り道をしながらの長距離ドライブでした。
私は4時半起きでしたので、不覚にも助手席で眠ってしまいました。
(K先生、ごめんなさい!)
途中日本海を見ながらのドライブでしたが、この日は曇りということもあり、波が荒く少し寂しい雰囲気でした。
寂しい感じの日本海、夏は海水浴を楽しむ人々で賑わうそうです。
umi_convert_20121205104941.jpg

夕方に鳥取賀露港のカニ料理の老舗旅館に到着し、少し休憩した後にいよいよカニディナーです。
本当にカニ三昧で、カニみそ、蒸しカニ、カニ刺し、焼きガニ、そしてカニ鍋です。
生のカニで甘みが強く本当に美味しかったです。そして量もたっぷり
とくに、こちらのお鍋はカニと白菜以外はなにもはいっていないという、究極にシンプルなお鍋なのですが、
お出汁とカニと白菜がみごとにマッチして、何とも言えない美味しさでした
カニも美味しいのですが、白菜もまたとても美味しかったのです。
夢中になっていたせいか、カニの写真を撮るのをすっかり忘れていました

幸せな思いを満喫した1日でした。
翌朝羽田に到着し、そのまま田町のクリニックへ。
リフレッシュし、また年末迄を全力投球で頑張ろうとモチベーションがアップした旅行でした。
やはり、リフレッシュって大切ですね〜。

HPリニューアルしました!

2012.11.27 | お知らせ |

皆様こんばんは!
最近ジョギングをはじめたことを前回のブログでお伝えしましたが、今日でジョギングも6回目です。
1回目、2回目と比べると止まらずに走れる距離が長くなってきて、進歩していることに喜びを感じます
仕事でも、英会話でも、ジョギングでも、何事も進歩が面白いと思ってしまう性格なのです。
以前よりも確実に進歩すると、より一層やる気がわいてきます

そんな偉そうなことをいいつつ、またブログの更新が遅れ気味になってしまってしまいました
週に一度は更新しようとしていますが、気がつくと一週間が過ぎていて、その早さにびっくりしてしまいます。

前回、ラバーダム防湿の重要性のムービーをご紹介しましたが、実はHPもリニューアルしたので(といっても見た目は全く変わっていないのでわかりにくいのですが)ここでお知らせいたします。

まず、
①米国式根管治療のページが、以前よりもさらに詳しくなりました。

http://www.leesdentalclinic.com/06.html
診査、診断からの治療ステップを写真つきでご紹介していますし、最近学んだことを加えたりと文章、写真も少し変えています。
②審美歯科治療のページ、新しい2症例が古い症例と差し代わりました!

http://www.leesdentalclinic.com/07.html
この2症例、技工士さんのおかげで素晴らしい仕上がりになっていると思います。
③患者様の声のページが2012年バーションになりました。

http://www.leesdentalclinic.com/05.html
お忙しいなか、長文の感想をよせてくださった患者様に感謝感謝です

よろしかったら見てみてくださいね!

では日に日に寒くなってきています。風邪をひかないよう、暖かくしてお休みください

根管治療時のラバーダム防湿の意義 PART3/わかりやすいムービーの誕生です!!

2012.11.17 | 根管治療 ラバーダムの意義 |

こんにちは!李です。

前回までのブログで根管治療時のラバーダム防湿の重要性、意義について記事を書いてきましたが同じ様な内容をさらに分かり易く、見やすくしたムービーが、Penn Endo Study Club in Japanhttp://pescj.org/のホームページに掲載されました。
私も少しだけ制作のお手伝いをさせてもらいましたので、ここでも宣伝したいと思います。
このムービーはかなり良い仕上がりになっております。ラバーダム防湿についてここまでまとめた動画はおそらく国内初ではないかと思います。すばらしい出来映えですぜひご覧になってください!


このムービーで皆様に根管治療時のラバーダム防湿の重要性と保険治療のシステムの問題点をよりご理解いただけるようになることを願います

LEE’S DENTAL CLINICの米国式根管治療のページも、今週からさらに内容を付け加え充実したものにバージョンアップしております。上のムービーもいつでも見ることができますので、そちらも合わせてご覧ください

(メインとなる動画のお仕事を一手に引き受けてくださったO先生、おつかれさまでした

●根管治療、ラバーダムの重要性 PART2

2012.11.08 | 根管治療 ラバーダムの意義 |

みなさまこんにちは!
最近ジョギングをはじめた李です(まだ2回です)。
腰、肩、首を痛めてからは、健康に対する意識がぐっと高まりました。
いつまでも元気で溌溂と仕事ができるように、体のメンテナンス頑張ろうと思います
さて、前回は急遽初めての鍼治療報告になりましたが、今日は根管治療で最も重要な処置のひとつ、ラバーダム装着の重要性PART2です。

前回は根尖性歯周炎の原因が細菌である、ということをメインにお話しました。
そして、ラバーダム装着の目的として、唾液さえ入らなければ良い、ということではないということで締めくくりました。
もちろん、唾液の中にも細菌はたくさん存在するので唾液が入らないようにすることも非常に大切です。でも、それ以外にもラバーダムを装着するメリットはたくさんあるのです。

下の写真をご覧ください。この歯は過去に神経近いところまでの重度の虫歯でインレー治療がおこなわれましたが、凍みる症状が1年以上おさまらず、最近痛みが増大してきたため、当院を受診され歯の診査をおこない、不可逆性歯髄炎と診断し、抜髄治療を行うことになりました。

PA123961_convert_20121108210701.jpg
治療を行う前にプラーク(歯垢、細菌)を染め出してみたところ、こんなに染まってきます。歯の周りには通常これだけ細菌がこびりついているのです。細菌を根管内に入れたくないのに、歯自体に細菌がこんなにこびりついています。
こんな状態で根管治療をおこなったら、細菌が侵入しやすいと思いませんか??

ラバーダムを装着することで、高濃度の消毒剤で歯のまわりをしっかり消毒できます。
このような感じです。
PA123968_convert_20121108210723.jpg
2種類の消毒剤を使用して、歯だけでなく周りのゴムの部分も消毒します。
歯の周りもペースト状の材料で、すきまを埋めています。こうすることで高濃度の薬剤が滲みだすことも防いでいます。歯の消毒剤だけでなく、根管治療で使用する洗浄液も効果の高い濃度のものを使用できますし、器具がお口の中に
誤って落下するのも防ぎます。
感染防止の面でも、安全面でもラバーダム装着は大活躍なのです

この本当に大切なラバーダム装着は、保険では0円なのです
材料費も、手間もかかることなのに0円とは
保険治療をおこなう歯科医の先生は、赤字になってしまう処置をボランティアでおこなうことになるのです。日本の保険診療のシステムは本当におかしいです

ラバーダム装着の重要性、ご理解いただけましたでしょうか?
細菌を排除するのに、唾液だけブロックするのでは不十分なのです。それ以外に高濃度の薬剤で歯の周りの消毒が必須です

はじめての鍼灸治療

2012.11.01 | プライベート |

皆様こんにちは
11月になりましたね。今年もあと2ヶ月ですか、早いですね〜。

今日は、前回のラバーダムの重要性の続きでなくはじめて受けた鍼灸治療についてお話したいと思います。
ラバーのお話はまた次回

最近腰を痛めたり、慢性的な肩こりに悩まされていましたが、一昨日の夜から突然痛みがひどくなり、首を動かせない、痛くて寝返りができない、なんていう悲惨なことになってしまいました。
日常生活にも仕事にも影響がでます。
仕事は痛み止めを服用しなんとかできましたが、こんな状態ではどうにもならず治療はどこにいこうか?といろいろ調べたのですが、結局整体がいいのか、整骨院がいいのか、整形外科がいいのか、鍼治療がいいのか、全くわかりませんでした
整形外科のホームページの治療法を見ると、肩こりでは投薬か牽引、ストレッチと書いてあります。
ストレッチなら毎晩行っていますし、即効性はなさそう、おまけにとても待ち時間がながそうで、整形外科は避けたいな、と思っていました。
鍼治療はすごく効果がある、という話と、体に合わないと悲惨なことになるという話も聞いていましたので、悲惨になったら困ると思っていました。
でも本当に辛かったので、今回は即効性を求めて鍼治療を選択しました。
最近仲良くしていただいているO先生が、肩がいたくて動かせなかった時に鍼治療をうけて一発で治った!というお話を聞いていたので、そちらの鍼治療を受けてみようと思ったのです。

ありがたいことに、紹介していただいた鍼治療は夜遅い時間でも予約が可能だったので早速昨夜行ってきました。
私は注射嫌いで極度の痛がりなので、本当にドキドキしましたが今回は注射の痛みより肩、首の方が辛いので我慢です
鍼は、さす時にチクッとして、そのあとズシン、と重い感じがしました。
チクッと、ズシンの度合いも打つところによって違いました。
ほとんど痛くないところと、痛いところがあります。
やはり痛いとことに打つと、ああ、そこだ!っていう病巣というか、凝りの中心部みたいなのが感じられました。
お灸もしていただき、これもはじめての経験でした。
先生は首の可動範囲などを何度も確認しながら、鍼を打って、抜いてと施術してくださいました。
不思議なことに、どんどん可動範囲が大きくなり、痛みがへっていきます。
びっくりです!本当に不思議です
施術前の辛さが10だとすると、施術後は3になっている感じで、帰り道の足取りも軽くなりました。
家に帰ると、前日からの痛みの疲れがどっとでたのか、あっというまにぐっすり眠ることができました。
おかげで今日は朝から、お掃除洗濯もできましたし、このようにブログを書くこともできています。

鍼灸治療、合わない方もいらっしゃるということですが私にとってはかなり良かったです。
これから寒くなり冷えやすくなるので、皆様も急な肩こり、腰痛にはご注意を!!
お風呂とストレッチが予防には良いそうですよ

<< 先頭...1020...293031...40...最後 >>