根管治療に関する記事を中心に、専門的ながら大切なことを治療例をまじえて、一般の方にもわかりやすく解説しています。
ありきたりな内容ではなく、欧米の論文を精読した内容をベースに信頼性のある有用な情報を発信するよう努めています。疑問に思ったことは徹底的にリサーチします。学会参加報告記や、お知らせ、プライベートのくだらないお話もごくたまに、綴っております。

根管治療と抗生物質④〜効く薬、効かない薬があるのはなぜ?〜

2014.02.25 | 根管治療と抗生物質 |

こんにちは。李です。

寒い日が続いておりましたが、今日からは少し春の気配を感じられますね。

そろそろ寒さに飽きて春の暖かさが恋しくなってきます。

 

 さて、ずっと続けてきた根管治療と抗生物質シリーズも今日で4回目、最終回です。

この根管治療と抗生物質シリーズをブログにすることになったきっかけは、

『セフェム系のフロモックスよりも、マクロライド系のジスロマックの方が効くような臨床感があるけど、どうしてなのか?』という疑問でした。

この疑問に対して、得られた回答をご紹介していきますね。2つあります。

(今回も参考文献はASHRAF F. FOUAD『Are antibiotics effective for endodontic pain? An evidence-based review. 』Endodontic Topics 2002です。)

 

まず回答①セフェム系使用での耐性菌の問題

ペニシリン系、セフェム系(フロモックスはこれ)の抗生物質はβラクタム構造をもっていることから、βラクタム系と分類されています。

細菌の中には、このβラクタム構造を分解して壊すβラクタマーゼというものを産生する細菌がいて、その細菌には効かないのです。

なぜ、効かない細菌がいるのか?それが耐性菌の問題です。

歯の病気に関わる細菌の多くはβラクタム系抗生物質に感受性ある(効く)のですが、過去にβラクタム系抗生物質の服用の既往があるとβラクタマーゼ産生菌の発生率が高くなるそうです。そしてこういった細菌にはβラクタム系抗生物質が効かなくなってしまいます。

なので、安易に抗生物質の服用することは耐性菌を作ってしまうことになりかねません。とても危険なのです!!!

 

次に回答②マクロライド系抗生物質が抗炎症の特性を持っているかも???

マクロライド系(クラリス、ジスロマックなど)は、セフェム系とは別の分類の抗生物質です。これはまだ、医科領域での最近の報告であり、根管治療の領域での報告はありません。これからいろいろ研究が進むであろうと思いますが初めて知ったことなので、ぜひ皆様にお知らせしたいと思います

これまでずっと、抗生物質は細菌を抑えるお薬で痛みを抑える効果はないことをお話ししてきました。

鎮痛剤や抗炎症剤の方がダイレクトに痛みの原因である炎症メディエーターに作用するためです。

しかしマクロライド系の抗生物質の中に抗炎症特性(抗菌作用とは関係なく)をもつものがあることがわかってきているそうです。

エリスロマイシンの長期服用で喘息や気管支炎に効果があるとの報告があります。(Miyatake HF et al. Chest 1991, Itkin IH et al. J Allergy 1970)

このことが、根の病気(根尖性歯周炎)に効いているというエビデンスはまったくありませんが今後研究が進むとこういったことが明らかになってくるかもしれませんね。

 

論文を読んでて面白いのが、こういう知らなかった知識に出会った時です。とても面白くて興奮します

今後もこういう面白い出会いがありましたら、どんどんご紹介していきますね!

それでは、4回にわけてお話してきました『根管治療と抗生物質』シリーズ、今日で終わりとさせていただきます

3月はAE学会で福岡に行ってきますので、そのことをまたブログでご報告いたしますね。

 

 

 

 

思い出の絵本 〜おばけちゃんとむわむわむう〜

2014.02.16 | プライベート |

こんにちは。李です。

2週連続の大雪、皆様だいじょうぶでしたでしょうか?

さて、私事ですが昨日2月15日に38歳となりました。

お祝いの言葉やプレゼントをいただき幸せな一日を過ごしました。

年をとるにつれて、誕生日にお祝いをしてもらえることがとても嬉しく思います。

今までの人生を振り返り、そろそろ折り返し地点なんだなあ〜などと考え、悔いのない人生を送りたいと思いました(毎年思うんですけどね。。。

さて、今年は自分への誕生日プレゼントで買ったものがあります。

子供の時の一番の思い出の本、いえ、人生で一番の思い出、印象に残っている本と言えるでしょう。

『おばけちゃんとむわむわむう』松谷 みよ子 (著), 小薗江 圭子 (イラスト)です。

私と同世代の方はご存知なのではないでしょうか?

さて、この本今では絶版、入手困難でずっと探しておりました。お誕生日マジックか、ついに再び出会うことができたのです

 

obakechan

 

子供の時に、いつも父に読んでもらっていた一番大好きな本で、本の中のフレーズを暗記している程です。

おばけちゃん一家は森の中のけやきの木のねっこの洞穴に誰にもじゃまされず、また誰のじゃまもせず静かに暮らしているのです。

30年ぶりくらいに読み返し、子供の頃の記憶がよみがえりました。

おばけママがクモの糸で編んだコップ、七色のおばけジュース、また『むしゃぶるい』という言葉はこの本で覚えました。

子供のころはクーピーで落書きしたりしてましたが、今度は綺麗に大切に保管して行きたいと思います。

 

 

 

●根管治療と抗生物質③〜抗生物質を服用するタイミング〜

2014.02.04 | 根管治療と抗生物質 |

皆様こんにちは!李です。昨日とはうってかわって真冬の寒さですね

雪との予報ですが、ちらちらと降ってきましたね。とても寒いので風邪に注意してくださいね。

 

さて、HPリニューアル後、はじめての根管治療の記事です。

引き続き、根管治療と抗生物質についてお話を進めていきますね。

パート①、②では、根管治療の痛みには、根管治療によって細菌を取り除くことと、炎症の過程で発生するケミカルメディエーターにダイレクトに働きかける鎮痛剤の組み合わせが一番良いとお話ししました。

ただ、抗生物質を服用するべきときも、確かにあります。

それは、感染が全身に広がろうとしている兆候があるときです。

さて、その兆候とは?

 

それは熱がでる、顔が腫れる、リンパ節が腫れる、腫れのせいで口が開かないなどです。

かつて私は、歯肉が腫れているとき、膿みが出ているときなどに患者様に抗生物質を服用していただいていましたが、ASHRAF F. FOUAD『Are antibiotics effective for endodontic pain? An evidence-based review. 』Endodontic Topics 2002を読んでからは、明確な基準ができました。歯肉の腫れや、膿みがでているかどうかは、局所の炎症です。全身に広がっている感染ではありません。

 

熱がでる、リンパ節が腫れる、

これは、宿主の免疫力と細菌のバランスがくずれた状態と言えます。

通常、私たち人間の体には細菌を抑える免疫力というものが備わっています。

たとえば、切り傷などでいちいち抗生物質を飲む人はいないと思います。傷から多少細菌が入っても血液内の免疫細胞が細菌をやっつけますので、全身に細菌が広がらず治癒します。

パート②でお話したように、根の中には血の流れがないので、体の力で根の中の細菌は自然とやっつけられないのですが、根の中から出た細菌がひろがらないように体は働いているのです

それが体の免疫力です!!

体の免疫力と細菌のバランスは綱引き状態で拮抗しているのです。宿主の抵抗力が落ちてしまうと、バランスが崩れて、細菌が勝ち感染が全身に広がってしまうのです。

そう聞いても、ピンとこないかもしれませんね、簡単にご説明すると

体の免疫力→感染が広がらないようにしている

根管治療→感染源(細菌やその栄養源)を取り除く

です。

人間の体ってすごいなあ、って思います

 

ですので、熱がでる、顔やリンパ節が腫れる、は宿主の抵抗力が細菌に負けて、感染が広がっていると判断し、抗生物質の助けが必要となるのです。重度の場合は入院が必要な場合もあります。また、もともと免疫力が低下してしまう、感染しやすい病気を持っている患者様にも抗生物質が必要です。

 

 

さて、ここで論文の紹介です。

根の周りの痛み(根尖周囲の症状)に抗生物質は効果があるかどうかを調べた4つの論文をご紹介します。

神経が死んでいる歯(壊死歯髄)で、根の周りの痛み(根尖周囲の症状)がある場合に、根管治療+鎮痛薬の治療をおこなった場合、根管治療+抗生物質服用の場合で比較しています。

Fouad AF(ooo.1996)、Henry M et al.(J.Endod 2001) 、Torabinejad Met al. (J.Endod 1994)、Torabinejad M et al.(J.Endod 1994)

4つのうち、Torabinejadらの研究では抗生物質が重度の痛みに効果的という結果でしたが、他の2つの研究は影響無しという結果です。ここで問題なのは、Torabinejadらの研究は比較サンプルに偏りあると指摘され、信頼度が劣ります。

 

結論:

根管治療の痛みで、健康な患者様では局所の腫れで、抗生物質は必要ありません!!

 

 

●Endodontic Center of Japan HP公開〜根管治療でお悩みの患者様、歯科医師の方へ〜

2014.02.02 | 根管治療, お知らせ |

こんにちは。李です。

昨日に続きお知らせがあります。

NPO法人 Endodontic Center of Japan(ECJ)のHPが公開されました。

詳しくはHPをご覧いただきたいのですが(下記のバナーをクリック患者様や歯科医師に向けて、わかりやすく、正しく有益となるような情報を発信しております。

ECJ

 

ECJのコンセプト「ルールに則った根の治療」、

これはまさに、LEE`S DENTAL CLINICで日々おこなわれている根管治療です。そして、同じ治療を受けられる全国の歯科医院の情報ものっています。

当院に根管治療のトラブルでお見えになる患者様のほとんが、初診のカウンセリングで言われる言葉があります。

それは、

『根管治療に自費診療という選択肢があったり専門医がいることを知らなかったです。知っていたら、最初からこのような治療を受けたかったです。とても残念に思います。』

です。

皆様、歯の治療でのトラブルがおこって初めてインターネットを調べてお見えになります。

日本では保険のシステムの弊害でこのような治療があるという、選択肢すら患者様に提示されない状況なのです。

ECJに関わる歯科医たちはこのような日本の現状をなんとか改善し、少しでも不幸な歯を救う、トラブルを未然に防ぎたいという思いを抱いており、欧米スタイルの根管治療のトレーニングを受けた歯科医の集まりです。

正しい知識、ルールに則って治療をおこなえば多くのトラブルは未然に防げます。また、トラブルが起こったときにどうすれば良いか、など根の治療に対する正しい情報が、ECJの活動によって世の中に広がることを願ってやみません。

皆様にこのECJのHPを有効にご活用いただければと思います

サイトリニューアルしました。

2014.02.01 | お知らせ |

こんにちは。李です。2月ですね。

今日はお知らせがあります。

本日2月1日から、ホームページがリニューアル(見た目にはあまり変わらない地味なリニューアルですがしました

それに伴ってLEE’S DENTAL BLOGもFC2ブログからサイト内にお引っ越ししました。

以前の絵文字などは使えなくなり、ちょっと雰囲気も変わっておりますが引き続きよろしくお願いいたします!

取り急ぎ、今日はお知らせだけで失礼いたしますね(すぐにまた更新いたします!)

 

 

<< 先頭...10...192021...3040...最後 >>