2016年最後のご挨拶と2017年に向けて

2016.12.31 | 根管治療, お知らせ, 虫歯予防、歯周病予防 |

こんにちは、李です。

2016年も瞬く間に終わろうとしています。

今年もいろいろな方にお世話になりました。皆様ありがとうございます

何よりもご多忙の中、年々治療の予約が取りにくくなる状況でスケジュールを調整していただきながらLEE’S DENTAL CLINICに通院してくださった患者様に感謝申し上げます

 

毎年一年を振り返りながら最後のブログを書いていますが、一年が終わるスピードが年々早く感じます

LEE’S DENTAL CLINICは例年より少し早めに冬休みに入りました。

最後の診療日は皆で恒例の大掃除です。

 

掃除中の診療室

img_0392-1

散らかった机の上、窓掃除、床拭き、ワックスがけなど、毎年行います。

 

さて本題ですが、前回のブログで予防について少しお話ししました。

今年は予防について再考することが多い年でした。

LEE’S DENTAL CLINICにいらっしゃる患者様は、

 

自分の歯で一生食事がしたい

自分の歯をなるべく失いたくない

歯は健康の要であるので生涯自分の歯で過ごしたい 等、

 

お口の健康維持をとても重要視されています。

 

前回もお話しましたが、歯を失わないためには予防がいかに大切か、をひしひしと感じています。

 

根管治療を繰り返し、リーズデンタルクリニックに辿り着くころには歯が少なく、薄くなっている方が多いです。歯が薄いことだけは、どうにもなりません。患者様の強いご希望で無理に保存した場合、2~3年でひび割れが起こるケースも経験しています。

 

そんな状態になってしまっている歯の、もともとの原因は小さな虫歯です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-23-14-49-34

 

 

 

 

弱い、薄い歯はどうしても治療の費用対効果が悪くなる場合が多いため、抜歯が選択肢として上がってきます。そして抜歯をした後の治療の選択肢は、入れ歯、ブリッジ、インプラント治療になり、周りの歯を傷つけず、自分の歯のように噛めるインプラント治療を選択される方が多いです。

けれども、今年になって世界的にインプラント治療が見直されてきています。

 

 

インプラントより天然の歯の保存へ

インプラント治療はこれまで通り残せない歯の抜歯後の治療法として、とても良い治療法です。けれども、インプラントの方が長持ちするからという理由でまだ使える歯を安易に抜いて、インプラント治療を進める風潮は今後はなくなると思います。

***根管治療専門医は歯の保存を第一に考える種類の歯科医ですので、安易に抜歯は進めません。けれどもどうしても保存できない歯もあります。そういう歯のギリギリの所の判断ができるのも弱い歯の治療の経験が多い根管治療専門医ならではだと思います。逆に言うと根管治療専門医が残せないと判定した歯は、望みはないということです***

 

過去に行ったインプラント治療の予後調査が行われ、インプラント周囲炎の問題が多く報告されています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-31-12-46-08

 

スウェーデンで9年前にインプラント治療を受けた588名の予後調査を行い、そのうちの45%のインプラントが現在インプラント周囲炎になっているという2016年の報告は世界中に衝撃的を与えていると思います。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-31-12-45-25

 

いろいろ影響因子がありますので、この数字だけを見てインプラント治療にネガティブになってはいけませんし、インプラントも歯も、治療後のお手入れ、歯科医院でのメンテナンスをしっかりおこなえば大きな問題になることは少ないです。

 

けれども

健康な自分の歯で一生を過ごせるなら、それに越したことはありません。

誰でもそう思うと思います。

今後、世の中の流れとしては天然の歯をなるべく保存すること、健康な歯や、治療した歯の予防、メンテナンスなどがより重要視されてくると思います。

 

LEE’S DENTAL CLINICでの予防管理、メンテナンスのプログラム

 

患者様のお口の中の現状をご自身にもしっかり把握していただき、治療済みの歯はその歯がなるベく良い状態で長持ちできるようメンテナンス、無傷の天然の歯や、初期の虫歯は進行しないよう予防管理をするコンセプトで日々患者様にお話をしています。虫歯だけでなく、歯周病も予防は可能です。現在歯周病と診断されている歯も、これ以上進まないよう、現状維持をできれば抜歯を避けることができる場合もあります。

予防、メンテナンスで一番大切なことは、患者様自身の日々の歯のお手入れです。

きちんとした歯のお手入れ方法を習慣づけるためには、虫歯や歯周病の原因を知り、歯の周りの細菌性の汚れ(歯垢、プラーク)が、いかに取れにくいかを知ること。そしてしっかり取れるようにするには、どういうお手入れが必要か(このお手入れ方法は患者様それぞれによって異なります)を知っていただき、実践できるようにサポートすること、が予防管理のための一番のキーポイントなのです。

 

 

『虫歯予防、歯周病予防のための歯のお手入れ無料セミナー』

 

これまで、リーズデンタルクリニックで予防、メンテナンスをご希望される方は、上記の予防のお話をさせていただいていますし、セルフケアレッスンのプログラムを受けていらっしゃるので、皆様予防管理に取り組まれていて、良い状態を維持されています。

けれども、今まで予防の話をしっかり聞く機会がなかった、もっと早くこういった知識があれば、歯を失わずに済んだのに、、、とおっしゃる方が多いのです。

 

治療とは違って、予防のお話をする場合は、一度に複数の方に伝えることができます。知識があるだけで、日々のお手入れの取り組み方が変わることも多いです。より多くの方に正しい知識とお手入れ方法を知って欲しいと思っています。

そうすることで、歯が失われずにすむと願っています

 

その取り組みとしての第一歩が院内でおこなう『虫歯予防、歯のお手入れの無料セミナー』です。LEE’S DENTAL CLINICの患者様でなくても参加できるセミナーにする予定です。来年からは定期的にこの無料セミナーを行う予定です。

 

 

病気の歯を高い精度の治療で救うことも大切ですが、根本的に病気にならないようにする予防はもっと大切だと思います。

 

2017年は虫歯予防、歯周病予防についての正しい知識をいろいろな形で発信していきたいと思います