LEE'S DENTAL CLINICの顕微鏡歯科検診とは

初診では、歯科用顕微鏡/マイクロスコープを使用した検診をおこなっています。
虫歯、詰め物の欠け、ひび、歯肉の状態、歯の清掃状態、不適合な過去の治療のチェックをおこないます。
高倍率の歯科用顕微鏡を使用する事で検診の精度が上がり、肉眼では見落としやすい問題を検出可能です。
問題のあるところは顕微鏡専用のカメラで写真撮影をおこない検診後すぐに大画面モニターでご説明していきます。

顕微鏡歯科検診の1例

①クラウン(被せもの)の段差や隙間にこびりついているプラーク(歯垢)

この下が虫歯になっているケースが多いです。

ms1-1 ms1-2

②お手入れの状態チェック

丁寧に時間をかけて歯をみがいていたつもりでも、歯ブラシの当て方で汚れがとれていないケースは多くあります。とくに歯と歯肉の境目にはプラーク(歯垢)が残っている事が多いです。ご自身で残りやすいところを把握し、お手入れ方法を改善する事が予防においてとても重要です。

ms2-1 ms2-2

③歯ぐきの中に隠れた虫歯

ms3-1 ms3-2

見逃されやすい根面カリエス(歯肉の中で進行している虫歯)。進行が早く、発見が遅れると治療が不可能になる場合もあります。

④歯周ポケットの中に潜んでいる歯石(細菌のかたまり)

歯周病進行の原因です。

ms4-1 ms4-2

④クラウン(被せもの)の下の虫歯

完全に穴になっています。早期発見することで深刻な問題になる前に治療する事が可能です。見落としてしまい、気づいた時には手遅れだったというパターンが一番悲しい結果です。

ms5

⑤歯の欠け

気づかずに見過ごされると細菌が入り虫歯の原因になります。

ms6