虫歯治療の画像記録の一例 

虫歯の治療にもマイクロスコープを使用しています。治療の画像記録をおこない、治療後にご説明しています。
ご自身の歯にどういった問題が起こっていて、どのような治療がおこなわれたのか?
虫歯は完全にとれているのか?虫歯をとった後の処置はどういうことをおこなっているのか?
など、治療の流れを顕微鏡に付属したカメラでステップbyステップで記録をし、治療後にご説明いたします。
とくに虫歯治療や根管治療では歯の感染部分(虫歯の部分)を取り去る様子がはっきりと確認出来ます。

①治療前の状態

治療前の状態 神経に近い大きな虫歯が詰め物の下に隠れています(部分)。
神経の検査をおこない、神経が生存している事が判明したので虫歯治療スタートです。

ia1-1 ia1-2

②詰め物をはずした状態。虫歯で歯が変質し、ぐちゃっとしています。

ia2

③虫歯の検知液で染め出し、健康な歯の部分と区別しながら虫歯の部分だけを取り除いて行きます。

ia3

④深い部分の虫歯は、神経への刺激が少ない虫歯除去専用の手用器具(スプーンエキスカベーター)で取り除いていきます。この工程を、染まらなくなるまで何度も繰り返します。こうすることで、歯に対して最小限のダメージで虫歯を取り去る事が可能です。

ia4-1 ia4-2

⑤虫歯をすべて取り除いたところ。マイクロスコープで確認します。もうピンク色に染まりません。

ia5

⑥虫歯を取り去った後の歯の表面を接着の素材で密封しています。
こうすることで、スキマからの再感染(虫歯の再発)を防ぎます。
唾液や血液が歯の表面にくっついていると、接着が失敗し、スキマができます。
そうすると、治療後に痛みがでたり、虫歯の再発がおこりやすくなります。
ここはとても大切なステップです。確実な乾燥と止血が必要になります。

ia6