●神経を抜いたら歯が弱くなる、脆くなると聞いた事はありませんか?

2011.10.28 | 根管治療, 歯のまめ知識 |

こんにちわ。李です。
もうすぐハロウィンですね。
診療室内にもこんなお人形をかざり季節感を演出しております

IMG_0335_convert_20111028123852.jpg

ブログでも何度かお話していますが、現在私はPENN ENDO STUDY CLUB IN JAPAN という米国ペンシルバニア大学の歯内療法科とのコラボレーションプログラム(1年コース)を受講しており、膨大な論文と格闘しています。

11月中旬に自分の受け持ったテーマでの1時間のプレゼンを行なうために現在準備に追われています。
私の受け持っているテーマは『根管治療歯の歯冠修復』です。
どういうことかと言いますと、根管治療をした歯(神経を失った歯)を長持ちさせるために、その後の治療はどういった方法、材料がいいのか、ということを考えるのです。

よく神経を抜いたら歯が弱くなる、とか 歯が脆くなるとか、聞いた事はありませんか?
日本ではほとんどがそのように考えられていますが、答えはノーなのです
実際には根管治療を行なうに至った歯は、大きな虫歯があるということなので、虫歯のせいで健康な歯が少なくなっている、それが歯が弱くなる原因です。
なので、根管治療をおこなった神経が死んでしまった歯でも、歯の部分がたくさん残っていれば弱くないのです!

1970年代から2011年までの論文を読みながらそのあたりのことから、追求していきます。
こういう場合は、こういう治療法、材料が良いなど、長い期間でいろいろな変遷があり、とても勉強になります。
かつ、すぐに実際の診療にも取り入れる事ができます。
そのような感じで、当院での治療法も日々アップグレードし続けます

今夜も頑張ってプレゼン作りにはげみます。

患者様のT様より、ハロウィンのお菓子をいただきました。
可愛くて、私も後藤も子供のようにおおはしゃぎです
ありがとうございました。
IMG_0334_convert_20111028123813.jpg