生活歯髄療法

生活歯髄療法

生活歯髄療法とは神経に近い深い虫歯の治療で行う神経を保存する治療方法です。
歯にラバーダムを装着し、マイクロスコープを使用ます。

治療成功の鍵は神経の健康度合い

この治療方法が成功するかどうかは、神経がどれだけダメージを受けているかによります。
神経のダメージが少ない場合、感染源を取り除き、きっちり封鎖をすることで神経は自己治癒し、健康度を取り戻します。
神経のダメージが大きい場合、原因を取り除いても生命力が回復できず、死んでいってしまいます。その場合は生活歯髄療法は失敗し、結局は根管治療が必要となります。
注:完全に死んでいる神経にはこの治療は効果はありません。

神経がどの程度ダメージを受けているかどうか、痛みの度合いや、神経の診査である程度予測しますが、実際のところは細胞レベルで観察しないとわかりません。
(実際に神経の細胞を観察する、なんていうことは歯を抜かないとできません)

生活歯髄療法の成功率

生活歯髄療法の成功率は術式や歯の状態によってだいぶバラツキがあり、30%代〜90%代と報告されています。
このバラツキ度合いが神経の健康度の見極めの難しさを表しています。
治療成功の鍵となる神経の健康度を見極めるのが難しいため、一般的にはより確実な抜髄治療が選択されることが多いのが現状です。
(専門医が行う抜髄治療の成功率は95%程度でバラツキはありません)
望みがあるなら神経を保存したい、後に失敗してその時に根管治療をすればいい、と思われる方にはオススメですが、確実な結果を求める方は抜髄治療が適していると言えます。

生活歯髄療法の術式

生活歯髄療法には術式がいくつかあります。
そのうち当院で行なっている二つの生活歯髄療法は
神経を露出させないための方法(間接覆髄)と、
神経を露出させて、ダメージのある神経を切断し、健康な神経を保存する方法(断髄)です。

神経を露出させない、神経に治療によるダメージを与えないための方法(間接覆髄)

虫歯が神経に迫るほど深く、虫歯を全てとると神経と繋がってしまういうような場合、治療による神経へのダメージも大きいです。
あえて神経に近い虫歯の部分は取らずに、(露髄を防ぎ、神経へ極力を刺激を与えないため)周辺の虫歯のみを完全に取り去りきっちりと封鎖をすることで、神経に近い部分に残った虫歯菌は活動停止し、細菌の数も減ることが色々な文献で報告されています。
神経が健康であれば、弱い虫歯菌からの刺激で神経の内側から防御反応で第3象牙質(修復象牙質)ができてきます。
*この治療法では、3mixやドックベストセメントが効く、そういったものを使わないと成功しないような誤解が、患者様のみならず歯科医師の間でも間違って認識されています。
そういった特別なものは必要なく、神経が健康なら、ラバーダムをかけて優しく虫歯を取り、その後の封鎖がきっちり行われていれば成功します。

注:治療の成功のためには神経が健康であることが大前提です。すでに痛みの症状がある場合には適応できません。

  • 染め出しをしながら虫歯の部分を識別します。

  • 虫歯の部分のみピンク色に染まります。
    最深部で神経に近い部分は取ることで神経に穴が空き、ダメージを与えるので周りの浅い部分だけを取り除くようにします。

  • 歯を削り過ぎないよう手用の器具で虫歯を取り除きます。

  • 内部に残った虫歯菌に栄養が行かないように隙間ができない素材で密封することで、細菌の数は減り、活動停止します。残った虫歯は進行せず、神経の内部から第3象牙質というバリアができます。

経過観察で、神経の診査を行います。反応が正常であれば治療は成功、その後の修復治療に進みます。

> 生活歯髄療法ブログ記事へ

ダメージを受けた神経を部分的に切除し、健康な神経を残す方法(断髄法)

レントゲンで神経まで黒い影が進んでいる深い虫歯です。冷たいものや温かいもので痛みを感じます。

  • 虫歯の影が神経と重なるほど大きな虫歯。

  • 隔壁を行いラバーダム装着、消毒をしてから虫歯をそめだしながら神経を露出させます。

  • 露出した神経は細菌の刺激で炎症があるため、出血が多いです。

  • 出血しなくなるところまで神経を切断します。この出血の度合いが神経のダメージ度合いの目安になるという報告も多いです。

  • 切断した神経の上には滅菌器具を使用して練ったMTAを置きます。

  • MTAは固まるのに時間がかかります。それまでの間、お口の中から細菌が入らないよう封鎖性の高い素材を充填します。

  • 治療前レントゲン

  • 治療後レントゲン

3ヶ月後、痛みは腫れなど悪くなる症状がない、かつレントゲンで根の周りに黒い影ができなければ成功と判断できると言われています。
成功と判定されましたら、被せる治療に進みます。

> 生活歯髄療法ブログ記事へ

ご予約

診療時間: 10:00~13:00 / 14:30~18:00
9:00~15:00(水曜日)

※時間外診療ご希望の場合料金別途にて承っております。
※休診日はカレンダーをご確認ください。

根管治療、自由診療専門歯科医院
リーズデンタルクリニック

東京都中央区日本橋3-8-10 島崎ビル2階
03-6262-1045
info@leesdentalclinic.com

トップ