歯根端切除術〜手術で根にひびが見つったらどうするか?〜

2017.08.19 | 根管治療, 歯根端切除術 |

こんにちは。李です。今日は歯根端切除術について、手術で根にひびが見つかるケースについてお話していきます。

 

根管治療を行っても治らない場合の原因の一つとして、根の表面に入ったひびがあります

 

根の内部にまでひびが達していれば、顕微鏡を見ながらの根管治療中にヒビを発見できる事もありますが、

まだ内部に到達してないようなひびは歯根端切除手術をして初めて発見される事も多いです。

根管治療をして、歯根端切除術まで行って、その時にひびがあった、となるととても残念な結果です。

根にひびがある限りその歯は予後不良なので、抜歯が第一の選択肢に上がってきます。

色々と手を尽くしたのに結局ダメだった、歯は残せなかったということになります。

けれども患者様にとっては、歯を残したい一心で歯を保存するための根管治療を受けていらっしゃいますので、

手術でひびが見つかったからすぐに歯を抜く、という決心がなかなかつかない方もいらっしゃいます。

 

私としては手術をせっかく行っていますので、根にひびを見つけた途端に手術をやめることはせず、そのひびの表面にくっついている感染した部分を染め出し、なるべく取り除きます。

そこをMTAで詰めて、通常の手術内容を一通り終えます。

その後患者様に動画でひびの存在と歯根端切除術で行った処置、ひびのせいで予後不良であること、抜歯について、また抜歯後にどういった治療があるかをご説明します。

患者様はしばらく様子を見ながら抜歯の時期を考えるという方と、すぐに抜歯をする方に分かれます。

というのは、

ひびがあっても、手術を行うとことで汚染部分を一旦取り除き、MTAで補修をするため、もともとお悩みだった腫れや痛み、その他の不快症状が劇的に改善します。

(あくまで一時的です)

 

以下に症例をご紹介します。

ケース1

過去に3回根管治療を繰り返し、治っては再発を1年おきに繰り返していたとう患者様です。

①治療前の初診時、歯肉に腫れもあります②当院根管治療後、症状は軽くなるものの完治しません。

③歯根端切除術直後(この時にひびが見つかりましたが、一通りの処置を終えています水色←部分がひびの部分です)

④術後半年 レントゲン上では黒い影がなくなり、治癒しています。症状もなく調子よく使えているとのことでした。

⑤術後1年2ヶ月 安定して機能しています。

ケース2

痛みと歯茎を押した時の違和感から根管治療を行いました、治療時にひびは見られず、症状が改善しないため手術を行なっています。

①当院根管治療後、症状は軽くなるものの完治しません。

③歯根端切除術直後(この時にひびが見つかりましたが、一通りの処置を終えています水色←部分がひびの部分です)

④術後1年 レントゲン上では黒い影がなくなり、治癒しています。症状もありません。今の所歯は問題なく機能しています。

 

 

この症例のように、改善した状態でしばらくは調子よく歯を使えているのなら、まだ抜きたくないという方もいらっしゃいます。

延命と思って、症状がない限りその歯をそのまま使って生活する、それはそれで一つの選択肢だと思います。

次に症状が出てきたら抜くけども、せっかくここまでやったのだから、延命でもいいからまだ抜きたくない、

歯の状態や今後起こりうるトラブル、抜かなかったために起こるデメリット、次にかかる費用等をしっかりご納得いただいた上でしたら、そのように使っていただいて構わないと思っています。

ただし、あくまで短期では良好な結果ですが、長期的にどれだけ持つかはわかりません。

上にかぶせるクラウンにはお金を欠けない安価なものをお薦めします

 

注:今回のように延命で残している歯は、治療の最終段階でひびが発覚し、患者様とお話の上保存しています。

ひびがあることが最初の段階で発覚する場合には、こういった延命処置はお受けしません。