根管治療と抗生物質④〜効く薬、効かない薬があるのはなぜ?〜

2014.02.25 | 根管治療と抗生物質 |

こんにちは。李です。

寒い日が続いておりましたが、今日からは少し春の気配を感じられますね。

そろそろ寒さに飽きて春の暖かさが恋しくなってきます。

 

 さて、ずっと続けてきた根管治療と抗生物質シリーズも今日で4回目、最終回です。

この根管治療と抗生物質シリーズをブログにすることになったきっかけは、

『セフェム系のフロモックスよりも、マクロライド系のジスロマックの方が効くような臨床感があるけど、どうしてなのか?』という疑問でした。

この疑問に対して、得られた回答をご紹介していきますね。2つあります。

(今回も参考文献はASHRAF F. FOUAD『Are antibiotics effective for endodontic pain? An evidence-based review. 』Endodontic Topics 2002です。)

 

まず回答①セフェム系使用での耐性菌の問題

ペニシリン系、セフェム系(フロモックスはこれ)の抗生物質はβラクタム構造をもっていることから、βラクタム系と分類されています。

細菌の中には、このβラクタム構造を分解して壊すβラクタマーゼというものを産生する細菌がいて、その細菌には効かないのです。

なぜ、効かない細菌がいるのか?それが耐性菌の問題です。

歯の病気に関わる細菌の多くはβラクタム系抗生物質に感受性ある(効く)のですが、過去にβラクタム系抗生物質の服用の既往があるとβラクタマーゼ産生菌の発生率が高くなるそうです。そしてこういった細菌にはβラクタム系抗生物質が効かなくなってしまいます。

なので、安易に抗生物質の服用することは耐性菌を作ってしまうことになりかねません。とても危険なのです!!!

 

次に回答②マクロライド系抗生物質が抗炎症の特性を持っているかも???

マクロライド系(クラリス、ジスロマックなど)は、セフェム系とは別の分類の抗生物質です。これはまだ、医科領域での最近の報告であり、根管治療の領域での報告はありません。これからいろいろ研究が進むであろうと思いますが初めて知ったことなので、ぜひ皆様にお知らせしたいと思います

これまでずっと、抗生物質は細菌を抑えるお薬で痛みを抑える効果はないことをお話ししてきました。

鎮痛剤や抗炎症剤の方がダイレクトに痛みの原因である炎症メディエーターに作用するためです。

しかしマクロライド系の抗生物質の中に抗炎症特性(抗菌作用とは関係なく)をもつものがあることがわかってきているそうです。

エリスロマイシンの長期服用で喘息や気管支炎に効果があるとの報告があります。(Miyatake HF et al. Chest 1991, Itkin IH et al. J Allergy 1970)

このことが、根の病気(根尖性歯周炎)に効いているというエビデンスはまったくありませんが今後研究が進むとこういったことが明らかになってくるかもしれませんね。

 

論文を読んでて面白いのが、こういう知らなかった知識に出会った時です。とても面白くて興奮します

今後もこういう面白い出会いがありましたら、どんどんご紹介していきますね!

それでは、4回にわけてお話してきました『根管治療と抗生物質』シリーズ、今日で終わりとさせていただきます

3月はAE学会で福岡に行ってきますので、そのことをまたブログでご報告いたしますね。