メタルコアの除去

2016.08.23 | 根管治療, コア除去, 根管治療の前処置 |

こんにちは。李です。

今日はメタルコアの除去、長くて太いメタルポストの除去についてお話していこうと思います。

以前のブログでコアの治療についていろいろお話してきましたが、コア除去についてしっかりお話するのは初めてです。

今回は多くの患者様の根管治療歯に装着されている メタルコア の除去にスポットを当てていきます。

(次回はレジンコア、ファイバーコア除去についてお話ししますね)

さて、再治療で根管治療をおこなう場合、根管にアプローチするためにはコアを外さないといけません。

このコアの除去は根管治療とは切っても切れない大切な処置ですが、患者様は根管治療の方に意識がいっていて、このコア除去の治療についてはあまり注目されていないことが多い様です。

今日はQ&A方式でご説明していこうと思います。

 

コアの除去は簡単な処置なのか?

YesともNoとも言えます。

入っているコアの材料の種類、コアの大きさや深さ、接着剤の種類などによります。

コアが緩んでいる場合などは、すぐに取れることもあります(こういう場合はほとんどひどく虫歯になっているケースが多いです)

逆にぴったりと歯にあったメタルコアは浅くてもはずれにくいことが多いです。

根管の中に深くメタルポストが入っている場合は外すことが危険と判断される場合も多いです。

深いメタルポストははずす時に方向を誤り歯を削ってしまうリスク、根管に穴が開いてしまう(パーフォレーション)リスクもあります。

太く長いメタルポストの除去は安全におこなうためにマイクロスコープの使用は必須ですし、歯科医の経験値も重要なポイントだと思います。

 

メタルコアの除去方法

メタル素材のコアやポストの場合、一番早くはずせる方法は、コアと歯の境目に切り込みを入れて、その隙間に器具を差し込み梃子のように力をかけてはずす方法です。
(専用のペンチの様な器具があります)

この方法は、歯に力がかかるため、歯に薄い部分があると、パキっと割れることがあります。

コアが入っている歯は、歯が薄くなっていることが多いためなるべくこの方法は採用しない方が良いと私は思っています。

 

歯を痛めないメタルコアの除去の方法は?

時間とコストがかかる方法ですが、私は以下の①と②を組み合わせた方法が一番安全だと思っています。

①超音波の細かな振動でゆらしながら取る方法

②削り取る方法

①だけですと、がっちり深く入ったメタルコアはびくともしません。

②の削り取る方法を取り入れ、メタルの部分を削って、歯とメタルの境目に超音波のチップを当てて振動を与えながらはがす、という工程を何度も繰り返します。

 

メタルを削るための器具は、すぐに切れなくなります。切れ味が悪いまま使うとぐっと歯に圧力をかけて切削してしまいます。

歯に圧力をかけないフェザータッチの切削で削るためにはかならず毎回新品の切削用バーを使用します。

金属が硬い場合などは、新品の切削バーを5〜6本使用する場合もあります。

*こういった方法を採用できるのは自由診療ならではです。

保険診療ではこのようにコストと時間をかけてコア除去を行っていたら大幅な赤字となってしまいます

 

メタルコアを削り取る場合、歯を削ってしまう危険はないのでしょうか?

慎重に、歯を削らないように、金属だけを削るように意識をしながらおこなえば大丈夫なのですが、根管の中のポスト部分が深くなるほど歯を削ってしまうリスクが高くなります。

ポストの深いケースでは必ずマイクロスコープを使用して細心の注意を払って確認しながらおこなう必要があります。

以下に症例をみながらご説明します。

 

比較的浅く難易度の低いメタルコア除去

 

メタルコアが装着されている歯です。金属は黒いのでこの時点でまちがって歯を削る、なんてことは素人でもありえないでしょう。

上でご説明した、削る方法と超音波の振動で揺らす方法、両方おこないながら処置をおこないます。

メタルコアの除去 マイクロスコープ使う

 

上のメタルコアを除去していくと、根管にささったメタルポストの部分がでてきます。

メタルコアの除去 途中で何度も確認する

 

横から見たところ、こんなに歯が少ないので少しでも健康な歯を削りたくありません。

メタルコアの除去 歯を傷つけないために

 

メタルポストの部分を外している途中、ここで大切なのは、削る切削バーの直径がコアの直径より小さいものを選ぶことです。

ど真ん中を削れば、下の写真のようにメタルポストだけが削れて歯が削れる心配はありません。この状態で超音波振動を与えれば、すぐにポロっととれてきます。

 

メタルコアの除去、細い器具を使う

 

マイクロスコープを使用しながら別の症例でメタルコアを削っているところ。メタルよりも切削バーの直径が小さいので周りの歯はけずれません。

DSC01387DSC01388

 

 

コアの除去にかかる費用

深いメタルコア、硬い素材のメタルコアを安全にはずそうとする場合、また、次回お話しする予定のレジンコア、ファイバーコアはメタル以上に難易度が高くなり時間がかかります。

通常のコア除去の2倍3倍と時間がかかるケースもあるため、リーズデンタルクリニックではコアの除去費用は¥10000〜¥20000+消費税と幅があります。

レントゲン検査である程度予測はできますが、実際に治療をおこなってみないとわからない場合が多いです。