歯のひび割れ / 根管治療前にひびが見つかる場合、治療がはじまってみつかる場合

2014.10.29 | 根管治療, 根管治療と歯のひび |

皆様こんにちは。李です。

今日は患者様からのお問い合わせがとても多い、歯のひび割れの診査について整理してみようと思います。

 

『ひびがあるかもしれないと言われた』

『ひびがあるから歯が長持ちしないかもしれないと言われた』

『ひびがあるから抜歯しか手が無いと言われた』

 

たしかに、根に入った深いひびの根本的な治療は不可能です。

ひびが入った根っこをそのままにしておくと、悪い事ばかりおきます。

たとえば、腫れを繰り返す。嫌な匂いがする。違和感がある。痛みがある。などなど。

根のひびという感染源があるわけですから、周りの骨もとけつづけてしまいます。

歯周病も併発するという事です。

 

でも、疑いだけで歯を抜きたくはないと思います。

確実にひびがある、ということを知るにはどうしたら良いでしょうか?

CTを撮ればひびは100%検出出来るのか?このブログで何度もお話していますが

CTでひびは100%検出できません。

 

疑い、で歯を抜きたくない場合は、目でみて確認することです。

最初からひびが目で確認出来れば良いのですが、わからないことの方が多いのです。

そういった場合は、治療を進めていくしかありません。

治療の途中でひびの検出をおこなっていくのです。

治療費用が発生しますし、途中でひびが見つかった場合には治療費用が無駄になってしまいます。

それが嫌だなと思われる場合は、ひびの疑いの段階で抜歯をするのが良いでしょう。

難しい判断です。

 

今日は①治療前(根管治療初診時)にひびが見つかったケース、②前処置の段階でひびが見つかったケース、③根管治療の1回目でひびがみつかったケースをご紹介していきます。

 

①根管治療初診時にひびが見つかったケース

 

このケースは歯肉が退縮して、クラウン下の歯の部分が見えています。

  DSC03817

 

 

通常の初診でおこなう歯周ポケット検査で部分的に深いところがありました。

DSC03818

 

 

ひびの染め出しをおこない、ひびが目で確認出来ました。

DSC03819

 

 

②前処置の段階でひびが見つかったケース

症状はありませんでしたが、銀のクラウンのすきまから虫歯になっていたため、治療着手となりました。レントゲンでもひびをうたがう陰はありませんでしたが、歯周ポケットはやや深い状態でした。クラウンで歯がおおわれているため、見た目で異常は検出できませんでした。

 

術前の状態

DSC01110

 

土台まではずし、虫歯を取り除きます。歯に薄い部分があることがわかります。

 

DSC01115

 

 

ひびの染め出しをすると、ひびが検出されました。浅いひびでしたら、削ればなくなるため少し削ってみましたが、ひびはなくなりませんでした。このケースは根管治療には入らず、前処置で治療終了、抜歯となっています。

 

DSC01283

 

 

③根管治療の1回目でひびがみつかったケース

このケースは術前検査で深い歯周ポケットがあり、レントゲン検査でもひびの疑いが高かった症例です。費用がむだになるかもしれませんが、可能性が0パーセントでないのならと、治療をご希望されたため、着手いたしました。

 

通常通り前処置で土台まではずして行き、虫歯の除去をおこないひびの染め出しをおこないます

DSC03115DSC03116

前処置では根管の入り口までの染め出しとなり、この時点ではひびは検出されませんでした。

DSC03132

 

根管治療にはいり、根管の古い充填材をはずした状態で染め出しをおこなうと、ひびが検出されました。この時点で残念ながら抜歯となりました。抜歯した歯の根にはひびが根の先端まで広がっていました。

DSC03142DSC03483

 

このようにひびの検出はどの段階で検出されるかどうかは治療しないとわからないことが多いのです。

また、根管治療ではひびが最後まで検出されず、外科処置の時に検出される場合もあります。

また、目で確認出来ない場所にあるひびは最後までわからず、抜いてはじめてひびが目で確認出来たということもあるようです。

 

このようにひびの状態は歯によってそれぞれです。

ですから、お電話で、『ひびがあると言われたけど残せますか?』というようなお問い合わせに、正確な事をお答えする事はできないのです。

 

疑いの段階で抜歯をすることもひとつの妥当な選択肢であります。

一方、大切な歯のことだから、可能性がゼロでない限り治療をおこないたい場合、または残せないという決定的な証拠をみないと抜歯のふんぎりがつかない場合には治療をお勧めいたします。